異音の原因を探せ! クラシック・ジムニー(JA71C)のメインテナンス サイドブレーキチェック編

今回、サンデーメカニックが気になったのは……音。
だいぶ昔ではあるがヤナセのCMで “音止め” が取り上げられていたことがある。ご存知のようにクルマからは色々な音が発生する。例えばエアコンの吹き出し口のビビり音、ボルトやナットの緩みによって起こる雑音、ゴムブッシュなどの劣化による異音……。これを特定して音止めをすることはかなり大変な作業である。

TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

異音はどこから?

前回、プロペラシャフトのブーツを入れ込む際にプロペラシャフトを外した。その時にエンジンをかけ、回転にともなうザッザッザという擦れ音の場所がほぼ特定できた。リヤデフより後ろの回転系は繋がっていないから、トランスファー、パーキングブレーキのあたりである。素人判断ではあるが、トランスファーのベアリングもしくはセンターブレーキ(パーキングブレーキ)のシューがドラムに当たっている現象ではないかと判断した。

プロペラシャフトのブーツがない! クラシック・ジムニー(JA71C)のメインテナンス ブーツ交換編

以前「スズキ愛車無料点検」時に指摘された「プロペラシャフトのブーツがないよ~」問題。サンデー…

トランスファーのベアリングなら、これは大仕事。とりあえずセンターブレーキ(パーキングブレーキ)をバラしてみることにする。

ジムニー(JA71C)のセンターブレーキ(サイドブレーキ)はトランスファーにバックプレートが直付けされている。ここを分解整備していこう。

ジムニー(JA71C)のセンターブレーキ(サイドブレーキ)はトランスファーにバックプレートが直付けされている。ここにブレーキシューが内蔵されていて、その外を回るドラムを押さえ、プロペラシャフトの回転を止めてクルマを固定する。これはトラックによくみられるシステムだ。走行中に使うことはないので、シューが減って問題が起きているとは考えにくい。ただ、如何せん古いクルマである。剥離を起こしていることも考えられる。

サンデーメカニックは今回、ココを分解して内部構造を見てみることにした。

プロペラシャフトを外すと27mmの大きなナットが出てくる。ここを外せばブレーキドラムを外すことができる。ロックのツメを起こして外すのだが、硬くて外れず……。

そこで馴染みのガソリンスタンドにお願いして、インパクトレンチで外してもらうことにした。いいなぁ、インパクトレンチ。電動式はどうだろう。かなり欲しいアイテムだ。

ブレーキドラムを外してみると、走行中に回転しているドラムにシューを押し付けることはないからだろう、減りもなく状態は良い。こうなると、擦れ音の原因は何処なのか? ドラムの変形、バックプレートの変形なのかと思いながら、とりあえず清掃を兼ねてバックプレートを外す。ついでにトランスファーのオイルシールの状態を確認。ここはオイル漏れもなく大丈夫なようだ。

ブレーキドラムを外した状態。基本回転しているドラムにシューを押し付けることはないので、状態は良い。

外したドラムの内側を清掃する。鋳物でかなりの重量がある。清掃には柔らかい真鍮製のワイヤーブラシを使う。ディスクブレーキの場合、ブレーキを酷使して高熱になったときに、1部分が雪や水で急激に温度が下がった場合、ゆがみを起こす場合がある。
もちろんドラムブレーキでも起こる現象ではあるけれど、各ブレーキと違い高温になる可能性は少ない。ドラムの変形はまずないだろう。一応清掃後に適当ではあるけれど、計測をしておこう。
もうひとつの怪しいところはバックプレート。ここはヒットさせた痕跡もある。原因がわからないときは、とりあえず清掃が良い。落ち着いて各部を点検しながら清掃していくと気がつくことも多いのだ。ここで本来ならシューの左右が同じ状態のはずの調整がバラバラになっている事に気がつく。片側だけが外に広がるように調整されている。これが波状的に起こる異音の原因だろう。パーキングブレーキなので、走行中はブレーキシューがドラムに当たっている必要はない。当たらない状態にして、引きしろの調整は好みで良いと判断。内径を計り、シューがギリギリ当たらないあたりを狙っていくことにする。

バックプレートを外した状態。トランスファーのオイルシールは大丈夫なようだ。
ここで本来なら左右が同じ状態のはずの調整がバラバラになっている事に気がつく。これが波状的に起こる異音の原因かな? 同じような部品に見えるがじつは別物。奥の真鍮めっきされているパーツは逆ネジになっている。
パーキングブレーキなので、走行中はブレーキシューがドラムに当たっている必要はない。そこでドラムの内径を計り、ギリギリ当たらないあたりを狙っていくことにする。

ここで先人達の知恵に気がつく。ブレーキシューを外に広げていくパーツ。奥へ「カチャッ」と押しやるとブレーキシューが外に広がる。一方が逆ネジになっているのは、両側とも奥に押しやるとブレーキシューが広がるように設計されているためだ。左右同じように見えるが、ひとつは逆ネジとなっている。その上にめっきの色で左右がわかりやすくしてある。左が一番縮めた状態。右が一番広げた状態だ。 

トランスファーに装着する前にバックプレートにブレーキドラムを仮入れし、回転させてみる。実際にはここは当たることはなく隙間があるのだが、バックプレートのこの部分が接触が強い。バックプレートは少しだけ変形していると思われる。そこでヤスリでその部分を削ることにする。
バックプレートにブレーキドラムを仮に入れ込み回転させる。この部分が接触が強い。ヤスリで削る。
ブレーキシューの角を落としておく。

バックプレートに当たる金属の接触部分にグリースを塗り、仮組みしたところ。実際にはトランスファーにバックプレートを装着してから組み込んだほうが作業はしやすい。ブレーキシューの調整はブレーキドラムが入らないところまで広げて左右1ノッチ縮めておいた。その後、手でドラムを回転させて当たり具合をチェックしていけばよい。

仮組したところ。トランスファーにバックプレートを装着してから組み込んだほうが作業はしやすい。
トランスファーに装着した状態。ブレーキシューの調整はブレーキドラムが入らないところまで広げ、左右1ノッチ縮めておいた。その後手で回転させて当たり具合をチェック。

ドラムの装着は接触面に薄くモリブデングリースを塗る。その後、27mmのナットで固定。ナットのロックをすれば良い。ここで、27mmのロックナットは新しいロックナットを使う必要がある。早急に手配せねば。で、またバラすことになった……。

接触面に薄くモリブデングリースを塗る。
今回用意した工具。27mmのナットが外れず、行きつけのガソリンスタンドでインパクトレンチで緩めてもらう。インパクトレンチ、欲しいなぁ。

さぁ、試走。パーキングブレーキなので必要はない? いや、坂道でどうなのかは必要だし、異音のチェックも必要だ。まぁ、要するに「なんでもいいから理由をつけて出かけたい!」ということ。僕のクルマやバイクはそのためにある!

ランチは、ラーメニング(←勝手に命名)!

椅子をひとつ持ってアウトドアへ、のチェアリングがあるのなら、ラーメニング、もアリだろう。そこで北海道のラーメンを数種類購入。
コッヘルにラーメン、鶏チャーシュー、細切りにしたネギをあらかじめ入れておく。
北海道を旅したことがある人にはおなじみの、熊出没注意。「ヒグマに遭遇したことある?」「はい。1度だけ。熊の腹の毛を目の当たりにいたしました」。
ラーメニング(←勝手に命名)。アウトドアならこのパッケージングも楽しめる。このあたりにもツキノワグマはいる、にはいる。

クラシック・ジムニーを触ったら、必ず試走。「ラーメニング」に出かけよう。コッヘルにラーメン、鶏チャーシュー、細切りにしたネギをあらかじめ入れておく。
ラーメン一回なら、荷物は少ない。コッヘルにラーメン、鶏チャーシュー、細切りにしたネギをあらかじめ入れておけば、あとは水だ。温かいラーメンは寒空にはおいしさを増す。少し辛みの入った味噌味がスープもよい。「さぁ、熊でも猪でもウサギでも出てこい! 食ってやる」……うそです。

寒空に温かいラーメンはおいしさを増す。少し辛みの入った味噌味がスープもよい。
サイドブレーキ(パーキングブレーキ)のオーバーホールも終え、一安心。だが、ブレーキの引きしろの調整を早急にしないといけない。ジムニーの調整場所はまた床の下。はいはい、また潜りますよ。次回もまた、よろしくおつき合いくださいませ。

著者プロフィール

伊倉 道男 近影

伊倉 道男

フォトグラファー。国学院大学法学部法律学科卒。アパレル会社にて総務人事、営業を経験。その後、但馬 治…