「ステランティス ジャパン」誕生! アバルト、アルファロメオ、シトロエン、DS、フィアット、ジープ、プジョーが一法人の元に統合

ステランティスN.V.の日本における輸入販売子会社であるFCAジャパン株式会社とグループPSAジャパン株式会社は、3月1日付で両社の事業を統合し、新たにステランティス ジャパン株式会社として発足したことを発表した。これにより、これまでFCAジャパンが扱ってきたアバルト、アルファロメオ、フィアット、ジープと、グループPSAジャパンが扱ってきたシトロエン、DS、プジョーが一法人の元に統合されることとなった。

今年は新たにBEVを1モデルとPHEVを7モデル、ジープ、プジョー、シトロエン、フィアット、DSオートモビルから導入

2021年1月16日にモビリティテック企業として誕生したステランティスN.V.は、目下、世界各国で現地販売子会社の統合を行っており、ステランティス ジャパン設立はその一環。新たに日本で設立されるステランティス ジャパン株式会社は本社を東京都港区三田に置き、引き続きポンタス・ヘグストロム氏が、統合された事業を代表取締役兼最高経営責任者(CEO)として率いていく。

今回の統合にあたり、ポンタス・ヘグストロム代表取締役兼CEOは次のように述べている。
「ステランティス ジャパンを率いて、モビリティの新時代を切り拓いていくことに大きな意気込みを感じています。ステランティスN.V.は、約一年前に革新的で持続可能なモビリティの未来を形作るために設立されました。ステランティス ジャパンはふたつの販売子会社の力を結集し、全ての人々にクリーンでコネクテッド、そして安全で自由なモビリティソリューションを手の届く価格でお届けしてまいります。ステランティス ジャパンのディーラーネットワークは全国337拠点、107社のパートナー企業により運営されており、36モデルを95のバリエーションで日本の消費者にお届けしています。このうち電動車はPHEVの6モデルとBEVの4モデルの10モデルです。今年は新たにBEVを1モデルとPHEVを7モデル、ジープ、プジョー、シトロエン、フィアット、DSオートモビルから導入し、年内に18モデルの電動車ラインアップを揃え、電動化の未来を切り拓いてまいります」

●ステランティス ジャパン株式会社 概要
・設立日:2022年3月1日
・事業内容:ステランティス社製の自動車及び関連製品・部品等 の輸入販売
・代表者:ポンタス・ヘグストロム代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)
・本社所在地:東京都港区芝5-36-7

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部