マツダがバイオディーゼルエンジン仕様の「マツダ3」を「オートモビルカウンシル2022」で初公開!

マツダはこのほど、4月15〜17日に千葉・幕張メッセで開催されるクルマのイベント「オートモビルカウンシル2022」に出展し、「MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 Bio Concept」を初公開する予定であることを発表した。

マツダのモータースポーツにおける挑戦の歴史、そしてこれからの挑戦の象徴をそれぞれ2台のモデルで紹介

オートモビルカウンシルは、2016年から開催されている「日本に自動車文化の創生を図ること」を目的とした往年の名車と最新モデルが一堂に展示されるイベント。「日本に自動車文化を育みたい」という共通の想いを持つマツダは6回目の出展となる。

今回の出展テーマは『MAZDA SPIRIT RACING~「共に挑む」~』。マツダのこれまでのモータースポーツへの挑戦の歴史を、世界初の2ロータ―ロータリーエンジン搭載量産車をベースとし、1968年耐久レース挑戦した「コスモスポーツ マラソン デ・ラ・ルート仕様」、1970年スパフランコルシャン24時間耐久レースに挑戦した「R100 ファミリア プレストロータリー」の国内レース仕様の2台とともに紹介する。

そして、マツダのこれからの挑戦の象徴として、バイオディーゼル燃料を使用する「MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 Bio Concept」と参加型モータースポーツサポート車両の「MAZDA SPIRIT RACING ROADSTER」の2台が初公開される予定だ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部