ホンダ、マレーシアでの四輪生産台数が累計100万台を達成!

ホンダのマレーシアにおける四輪車生産販売合弁会社であるホンダ・マレーシア・エスディーエヌ・ビーエイチディー(以下ホンダマレーシア)はこのほど、2022年2月に四輪生産台数が累計100万台を達成し、3月30日に記念式典を開催した。

2017年に60万台に達して以来、約5年で「シビック」にて累計100万台目を達成

ホンダマレーシアは、ホンダのマレーシアにおける四輪車生産販売合弁会社として2000年に設立。2003年1月にマラッカ工場での四輪車生産を開始した。2013年10月には第2ラインでの生産も開始し、現在は両ラインをあわせて年間10万台の生産能力を有している。

累計生産台数は2017年に60万台に達して以来、約5年で「シビック」にて累計100万台目を達成した。これは、ホンダ四輪事業の重要なマイルストーンであると同時に、マレーシアでの長年にわたる事業活動の成果を表すもの。ホンダマレーシアは次なるマイルストーンに向け、これからも現地の顧客の期待を上回る、質の高い商品を提供し続け、存在を期待される企業を目指していく。

●ホンダ・マレーシア・エスディーエヌ・ビーエイチディー 概要
・設立:2000年11月
・所在地:マレーシア マラッカ州ペゴー
・代表者:中条 円社長
・資本金:1億7000万リンギット
・事業内容:四輪車の製造・販売および部品の製造・輸出
・生産能力:10万台/年
・生産車種:アコード、シビック、シティ、シティハッチバック、CR-V、HR-V、BR-V

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部