アウディA8が大幅アップデート。S8は2050万円!

Audi A8が存在感と高級感を増してモデルチェンジ!

アウディ ジャパンは、アウディのフラッグシップ・セダン「Audi A8」に大幅なアップデートを施し、全国のアウディ正規販売店(全国125店舗:現時点)を通じて7月から発売される。

Audi A8は、Audi V8の後継モデルとして1994年に初代がデビュー。アウディのラインナップで基幹モデルを示す”A”シリーズの中でも、最高の数字を誇るアウディのフラッグシップ・セダンである。各世代のA8は、アウディの技術的ショーケースとして、そのテクノロジーを世の中に披露してきた。そして今回、第4世代のモデルチェンジを経て満を持して登場した新型のA8は、デザインまたテクノロジーも一新し、卓越した快適性とスポーティなドライブを両立している。

エクステリアデザイン

まずはエクステリアデザインを見ていこう。フロントフェイスのシングルフレームグリルは、先代よりも面積が大きくなっており、存在感が増している。グリルの周りにはクロームインサートが施され、高級感あふれる大人の雰囲気を漂わせている。サイド部分の、エンジン冷却のための空気を取り込むエアインテーク部分にも同様の処理が施されている。ボディは6ライトキャビン(サイドのガラスが片側3枚になっていることをいう)が採用され、なだらかに傾斜するリアエンドのラインと相まって、端正でエレガントなボディラインを実現している。

リアエンドは、テールライトがLEDライトストリップで結ばれており、高級感が高められている。また、新たに全モデルに「マトリックスOLEDリアライト」と呼ばれるライトが導入されることになった。消費電力の少ない有機LED(OLED)が採用され、薄く軽量なため加工もしやすい。ドライビング面でも、走行モードによってその表情を変え、走行中に後続車が2m以内に接近すると、すべてのOLEDが点灯、車間距離を警告する機能まで備えられている。

また、オプション設定でブラックのハニカム構造のS lineグリルと専用のエクステリアデザインをはじめ、バンパー、20インチの専用ホイールからなる、よりアクティブなスタイルを選択することもできる。

エアインテーク、ブラック仕様
グリル+エアインテーク、ブラック仕様

インテリアデザイン

新型A8のインテリアは、開放的なラウンジをイメージしてデザインされている。左右に伸びる水平基調のパーツによって、その幅広さに拍車がかけられている。操作系スイッチもセンターコンソールより下部から設置されているので、正面はシンプルで上品さあふれる質感になっている。インテリアの素材は、エクステンデッド・レザーやエクステンデッド・アルミニウム・ルックインテリアなど、そのクオリティにこだわっており、上質で快適な空間を創り出している。さらに、S lineインテリア・プラスパッケージやAudiデザイン・セレクションといった、フラッグシップモデルにふさわしいクオリティの選択肢も用意されている。

パワートレイン

新型A8には、3.0 TFSIと4.0 TFSIの2種類のパワートレインが設定されている。3L V型6気筒3.0 TFSI エンジンは、過給方式にツインスクロールターボを採用。最高出力 250kW(340ps)、最大トルク 500Nmを発揮。一方、4L V型8気筒4.0 TFSI エンジンは、2基のツインスクロールターボを搭載した新エンジンで、最高出力338kW(460ps)、 最大トルク660Nmを発揮する。

トランスミッションはいずれも8速ティプトロニックで、いずれも 48V 電源システムとマイルドハイブリッド(MHEV)を搭載しており、高効率かつ力強い走行を実現する。このMHEVシステムはリチウムイオンバッテリーとベルト駆動式オルタネーター スターター(BAS)により、減速時には最大12kW の回生エネルギーをリチウムイオンバッテリーに送り込むことが可能。またコースティング(惰力走行)時のエンジン完全停止に加えて、アイドリングストップの動作速度を22km/hへと高めたことにより、100km走行あたり最大0.7L (欧州値)の燃料を削減することができる。

新型A8は、全モデルに機械式センターディファレンシャル搭載のquattro(クアトロ) フルタイム 四輪駆動システムが採用されている。セルフロッキングディファレンシャルは、通常時には前40 : 後60にトルクを非対称に配分し、FRのような軽快なハンドリングとフルタイム4WDならではの優れた走行安定性を両立させている。路面状況によってトルク配分を可変することで、優れたトラクション性とダイナミックな走行性能を実現することができる。

ボディ&シャシー

新型A8には、ボディパネルやフレーム部分にアルミニウムを採用する一方、 キャビンに熱間成型スチールコンポーネントとカーボンファイバー(CFRP)のパネルを採用。ストラットタワーバーにはマグネシウムを用いています。これにより高いボディ剛性と軽量化の両方を視野に入れている本気の設計。また、全車に快適な乗り心地とスポーティなハンドリングを両立するアダプティブエアサスペンションが標準装備された。

さらに全モデルに、乗り心地と操縦安定性をバランスよく、高いレベルで実現してドライブフィールを高める、先進のプレディクティブアクティブサスペンションが、オプション設定で用意されている。(S8には標準装備)。これは車両が路面や走行条件を先読みし、それぞれ1100Nmを発生する電動モーターを内蔵する4つのサスペンションを瞬時独立制御することにより、車両の姿勢変化を調整してくれるテクノロジーである。例えば、アウディ・ドライブセレクトのダイナミックモードを選択すると、スポーティな走行に合わせて、最適な走行姿勢をつくりだしてくれる。またコンフォート+モードでは、ステアリングがフロントカメラと連動、路面状況を把握し、アクチュエータを予測的に制御することにより、路面の凹凸をスムーズに吸収したり、加速・減速・旋回の各状況において、常に車体を水平な状態に維持し、快適な乗り心地に制御してくれる。さらに、側面衝突が避けられないと判断した場合には、アウディプレセンス360と連動し、衝突面の車高を約8cm引き上げ、車両剛性の高い部位で衝撃を受けるとともに、その衝撃をサスペンションの減衰力で吸収し、キャビンの変形や乗員への衝撃を軽減してくれる、なんともすごいシステムだ。

セーフティ

先述の、アウディプレセンス360について詳しく見ていこう。新型A8は、従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブドライブアシスト(ADA)をはじめ、フロント、リア、サイドと全方位で事故を予防し、衝撃を軽減することができる。これがアウディプレセンス360のシステム設計だ。

さらには、駐車などの際に車両の前後だけでなくタイヤの周辺の状況を3Dビューにより確認し、ホイールが縁石などに接触してダメージを受けることを未然に防ぐカーブストーンアシスト等、最新のセーフティ機能やドライバーアシスタンスシステムを搭載し、乗員を手厚く危険から守ってくれている。

スポーツグレード:Audi S8

新型A8から、さらにスポーティ仕様になった上位モデルのS8。新型S8には、スーパースポーツモデルに匹敵する4L V8 ツインターボの4.0 TFSIエンジンが搭載されている。420kW (571ps) / 800Nmという圧倒的なパワーを発揮する。48V マイルドハイブリッドシステム、8速ティプトロニックを組み合わされ、高性能と高効率を両立している。

乗り心地と操縦安定性をバランスよく、高いレベルで実現するプリディクティブ・アクティブサスペンションをはじめ、取り回しを向上させる一方、高速では前輪と同じ向きに切ることでスムーズなレーンチェンジなどを実現するダイナミックオールホイールステアリング、高速コーナリング時に左右のリヤホイール間で積極的にトルクを配分し、ハンドリングをさらにスポーティなハンドリングを実現するリヤスポーツディファレンシャルを標準装備している。

エクステリアは、専用デザインの前後バンパーやアルミニウムルックインサートにより精悍さを増したハニカムデザインのシングルフレームグリル、専用の点灯パターンを採用するOLEDリヤライトや4本出しのエキゾースト、5ダブルスポークスターデザインの21インチアルミホイールが採用され、高いパフォーマンス性能を発揮している。インテリアはブラックを基調としたもので、フルレザーパッケージやバルコナレザーの専用スポーツシートなどにより、スポーティさと上質さを高い次元で両立。エクステリアカラーには、S8ならびに S lineエクステリアパッケージ専用となる、デイトナグレーパールエフェクトやウルトラブルーメタリックといった新色もラインナップに用意されている。

車両本体価格

ラインナップは全4モデル。トランスミッションは全て8速/ティプトロニック。駆動方式も全てquattro(クアトロ)の4WD仕様。ステアリングも全モデルで左ハンドルと、右ハンドルの両方が用意されている。モデルによって変化するのは、エンジンと価格だ。その一覧を以下にまとめた。

■Audi A8 55 TFSI quattro
車両本体価格(税込):1,190万円 
エンジン:3.0ℓ V型6気筒ターボチャージャー 340PS/500Nm
トランスミッション:8速/ティプトロニック
駆動方式:quattro
ステアリング:右/左

■Audi A8 60 TFSI quattro
車両本体価格(税込):1,635万円 
エンジン:4.0ℓ V型8気筒ターボチャージャー 460PS/660Nm
トランスミッション:8速/ティプトロニック
駆動方式:quattro
ステアリング:右/左

■Audi A8 L 60 TFSI quattro
車両本体価格(税込):1,800万円 
エンジン:4.0ℓ V型8気筒ターボチャージャー 460PS/660Nm
トランスミッション:8速/ティプトロニック
駆動方式:quattro
ステアリング:右/左

■Audi S8
車両本体価格(税込):2,050万円 
エンジン:4.0ℓ V型8気筒ツインターボチャージャー 571PS/800Nm
トランスミッション:8速/ティプトロニック
駆動方式:quattro
ステアリング:右/左

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部