マイナーチェンジを受けた新型フォルクスワーゲン「ポロ」の先行受注開始! 6月22日までの予約でオプション費用5万円分をサポート

新型ポロ TSI スタイル
フォルクスワーゲン ジャパンはこのほど、マイナーチェンジしてさらに進化を遂げた新型「Polo(ポロ)」の先行受注を開始し、6月22日(水)までに予約した方全員(※)に、オプション費用5万円分をサポートするキャンペーンをスタートさせた。新型ポロの発売は年央の予定だ。
※6月22日までにキャンペーンに応募し、対象車種(新車)を成約、かつ9月末までに車両登録を完了された方

新型ポロは装備・仕様の異なる4グレード「アクティブベーシック」「アクティブ」「スタイル」「Rライン」を設定

新型ポロ TSI Rライン(写真は欧州仕様車)

ポロは1975年の欧州デビュー以来、これまでに全世界で1800万台(派生モデルを含むと2050万台)、日本では1996年の本格導入以降、累計約30万台を販売するなど、世界で最も成功したコンパクトカーの一台。日本市場では、そのサイズと使い勝手の良さ、お洒落でカジュアルな輸入車というイメージが人気を博し、高く支持されている。

新型ポロ TSI Rライン(写真は欧州仕様車)

このたび導入される新型ポロは、フロント・リヤまわりのデザインを刷新。インテリアは、9.2インチの大型モニターを搭載したフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム”Discover Pro“を採用したほか、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用し、先進的なインテリア空間を創出している。

新型ポロ TSI Rライン(写真は欧州仕様車)

パワートレインは全車最新世代の1.0TSIエンジンを採用。市街地で十分な動力性能を発揮するとともに、高い静粛性も実現している。先進安全装備には、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”など、フォルクスワーゲンが提供する最新の装備を採用。欧州の自動車安全アセスメント「ユーロNCAP」で最高評価となる5つ星を獲得した新型ポロは、これまでのコンパクトハッチバックのクラスを超えた高いクオリティを持ち併せている。

新型ポロ TSI Rライン(写真は欧州仕様車)

新型では4グレードを展開。従来のトレンドラインに代わりLEDヘッドライトなどを標準装備する「アクティブベーシック」、従来のコンフォートラインに代わりデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などを標準装備する「アクティブ」、従来のハイラインに代わり同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”を標準装備する「スタイル」を設定。また、専用アイテムを身に纏ったスポーティモデルの「Rライン」は引き続き設定される。

新型ポロ(写真は欧州仕様車)

ボディカラーは新色のヴァイブランドヴァイオレットメタリックのほかに、キングズレッドメタリック、アスコットグレー、リーフブルーメタリックなど、合計7色を設定する。

同社では新型ポロの予約注文キャンペーンを開始するにあたり、新型「Polo」ティザーサイトを公開しているほか、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーでは、新型ポロの特徴を解説するスペシャルティザーリーフレットを配布している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部