トヨタ アルファード新型情報|グレード/性能/新車・中古価格

トヨタ アルファードの新型モデル情報を紹介します。トヨタ アルファードの性能・装備や燃費・内装など特徴をまとめて解説。トヨタ アルファード新型モデルのグレード一覧や新車・中古価格をチェックして購入の参考にしてください。

トヨタ アルファード新型モデルの概要

トヨタ アルファード

トヨタアルファードは、同社がラインナップするミニバンでフラッグシップに位置付けられる高級ミニバン。最新モデルは、2015年に兄弟車となるヴェルファイアと同時にフルモデルチェンジを果たした3代目となる。

細かなマイナーチェンジを繰り返しながら高級サルーンとして磨きをかけ、ミニバンというカテゴリに留まるのではなく、高級車として広く親しまれる存在となっている。ドライブトレインは、ハイブリッド車とガソリン車の2系統があり、ハイブリッドは4WDのみ設定され、ガソリン車には2WDと4WDがそれぞれ設定されている。価格帯は、360万円~775万円前後となっている。

《スペック例》

車種 トヨタ アルファード
モデル・グレード 2.5X
年式 2021年5月
全長×全幅×全高 4945×1850×1950mm
ホイールベース 3000mm
車両重量 1980kg
サスペンション形式 前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
エンジン型式 2AR-FE
総排気量 2493cc
内径×行程 90.0mm×98.0mm
圧縮比
最高出力 182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク 24.0kg・m(235N・m)/4100rpm
燃料供給装置 EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量 65L
JC08モード燃費
新車価格 3,850,000円
中古車価格帯 194.9~484万円
カタログページ トヨタ アルファード

トヨタ アルファードの外観・内装デザイン

トヨタ アルファード

トヨタ アルファードは、ひと目でトヨタの高級車と認識できる迫力とラグジュアリー感を兼ね備えた外観を持つ。内装デザインも細部に至るまで作り込まれ、高級サルーンとしての風格を兼ね備えている。ここでは、そんなトヨタ アルファードの内外装を見ていこう。

ポイント

  • 外観:高級ミニバンの風格を全身から放つ
  • 内装:上質さを極め、くつろぎの空間を演出

外観:高級ミニバンの風格を全身から放つ

トヨタ アルファードでまず目につくのが、迫力のフロントマスクだ。フロントのアッパーからロアまでほぼ全体を使った一体型のフロントマスクを採用することで存在感はもちろん、大胆かつラグジュアリー感を演出している。

一方、リヤの造形はアンダー周りを中心にエッジが効いたデザインの採用に加え、リヤスポイラーを全車に標準で装備。ラグジュアリーさが漂うフロント周りに対し、リヤ周りはスポーティーな印象を兼ね備えている。

内装:上質さを極め、くつろぎの空間を演出

トヨタ アルファード

高級ミニバンとあって、運転席はもちろん助手席やセカンドシートは体全体を包み込むような大型シートを採用。標準仕様ではファブリック素材が採用されているが、上位グレードでは上質な肌触りを持つ本革シートが設定されている。

特筆すべきは、セカンドシートの快適さ。Executive Loungeに設定されるエグゼクティブラウンジシートは、飛行機のファーストクラスを思わせる豪華絢爛な作り。VIPの送迎にも使われるモデルであるのも頷ける仕上がりと言える。

トヨタ アルファードのサイズ・室内スペース

トヨタ アルファード

トヨタ アルファードは、いわゆるLLサイズと呼ばれるカテゴリに属し、ミニバンの中でもトップクラスのビックボディ。それに比例して室内スペースには大きなゆとりがあり、快適に乗りこなせて荷物もたっぷり収納可能だ。

ポイント

  • ボディサイズ:圧倒的な存在感を放つ大型ボディ
  • 室内スペース:高級ミニバンに相応しい広々とした空間
  • 収納スペース:ゴルフバッグだって縦積み可能

ボディサイズ:圧倒的な存在感を放つ大型ボディ

トヨタ アルファードのサイズは、グレードによって異なるが、全長4945~4950×全幅1850×全高1935~1950mmと、全長こそ他のミニバンと大差ないが、ワイドなボディと車体に高さがあるため、圧倒的な存在感を放っている。

車体が大きくなると、車体の取り回しに不安が生じるが、トヨタアルファードの最小回転半径は5.8m。コンパクトカーや5サイズミニバンと比べるとやや大きくなるが、思った以上に小回りが利くため、運転のしにくさを感じることは少ないはずだ。

室内スペース:高級ミニバンに相応しい広々とした空間

トヨタ アルファード

大型ボディを活かした室内空間は、他の高級ミニバンとも一線を画す広さを実現している。先代と比較すると、室内高は1400mmと変わりないが、全長が50mm、全幅は5mmほど広くなる進化を遂げている。

助手席やセカンドシートは前後に大きくスライドすることが可能。サードシートを使わないときはセカンドシートを目一杯後ろへスライドすることで足元の空間を大きく確保することができるのもエグゼクティブの乗車を考慮したトヨタ アルファードの特徴と言えるだろう。

収納スペース:ゴルフバッグだって縦積み可能

トヨタ アルファード

4人乗ってもゴルフバッグが悠々と積める広いラゲッジスペースは、最大2,025mmもの奥行きを持ち、室内高も1,400mmと広く確保。リアゲートも大きく開口されるため、大きな荷物の積載も楽に行なうことが可能だ。

サードシートの下には、140Lもの床下収納スペースが確保されており、デッキボードの開閉に対応。観賞用植物など横向きに積載できない長尺物を運ぶにも重宝するだろう。

トヨタ アルファードの性能・燃費・装備

トヨタ アルファード

トヨタ アルファードは、スムーズな走りと環境性能を両立したハイブリッドと強烈なパフォーマンスを発揮する3.5Lエンジン、パフォーマンスと燃費性能のバランスに長けた2.5Lエンジンを搭載したモデルをラインナップ。その性能をはじめ、燃費性能、そして装備・機能についても見ていこう。

ポイント

  • 走行性能:揺れとロールを抑え、乗り心地も快適
  • 安全性能:最先端の予防安全機能を全車標準装備
  • 燃費性能:大排気量&重量級でも18.4km/Lも走る
  • 装備・機能:細部にまでこだわる快適装備が多数

走行性能:揺れとロールを抑え、乗り心地も快適

トヨタ アルファードで選べるパワートレインは、2.5Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドと3.5L/2.5Lのガソリンエンジンの3種類。ハイブリッド車にも2.5Lエンジンが搭載されているため、発進時はモーターならではの力強い加速感、そして中高回転時のしなやかな伸びが実感できる。

また、リヤサスペンションにはレースシーンでも活用されるダブルウィッシュボーン式を採用。それによってコーナーリング時にも粘り強く、そして揺れやロールが抑えられるなど、安定した走行性能と快適な乗り心地を両立している。

安全性能:最先端の予防安全機能を全車標準装備

歩行者や他車との衝突を避けるプリクラッシュセーフティやレーンアシスト、レーダークルーズコントロール、踏み間違いによる事故の防止機能など、最先端のToyota Safty Senseを全車標準装備するなど安全機能が充実。

また、スイッチひとつで自動的に駐車を行ってくれるインテリジェントパーキングアシストや車両を上から見たような映像を映し出してくれるパノラミックビューモニターを設定しているグレードもあるため、大型ミニバンの操作に不安がある人でも安心して運転を行うことができる。

燃費性能:大排気量&重量級でも18.4km/Lも走る

ボディサイズが大きいアルファードは、その車体の大きさに比例して重量も2tを超えるグレードがあるなど重量級。重量が増えると燃費も悪くなりがちだが、ハイブリッドモデルならWLTCモードで14.8km/Lと大型ミニバンでありながら燃費に優れた一面を持っている。

また、ガソリン車は2.5Lモデルで10.6㎞/L以上、大排気量となる3.5Lモデルで9.9km/Lと高級ミニバンカテゴリの中でもトップクラスの省燃費性能を実現。悠々とした快適な移動空間を持ちながら燃費性能にも優れているのも特徴だ。

装備・機能:細部にまでこだわる快適装備が多数

運転席、助手席のフロンシートは、ベースモデルとなる“X”と除いたすべてのグレードで体格に合わせて無段階調整できる電動シートを採用し、最適なシートポジションを記録にも対応。降車時は足元を広く確保し、乗車時はスイッチひとつで記録したシートポジションへセットすることが可能だ。

また、大型ボディでありながら低床化や大型のアシストグリップを採用することで、子どもから高齢者などの乗り降りもラクラク。老若男女問わず、乗る人すべてに優しく、快適さを提供してくれる。

トヨタ アルファードおすすめポイント要約

かつて、高級車への憧れを形容する“いつかはクラウン”キャッチコピーが存在していたが、いまでは“いつかはアルファード”と言われるほど、高級サルーンとしての地位を築いたトヨタ アルファード。

存在感溢れる大型のボディに、2.5L+モーターのハイブリッドもしくは3.5Lと2.5Lガソリンエンジンを搭載するなど、すべてにおいてゆとりを感じさせる高級ミニバンは、快適さを求める大人の移動手段としてだけでなく、大切な家族と快適かつ安全なドライブを行いたいファミリー層にもおすすめ。

高級ミニバンとはいえ、価格は400~500万円台が主戦場となっており、グレードによっては300万円台から手に入れられるのもアルファードの魅力。ドライブトレインや搭載される装備によって細かなグレード設定が行われているので、自分に合った1台を見つけるのも面白いクルマと言えるだろう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部