最高出力408ps、0-100km/hの加速は4.6秒! メルセデスAMG C43堂々デビュー。

メルセデスAMG C43 4MATICがデビュー! 世界初の電動式ターボチャージャーを搭載した生粋のスポーツモデル

ホワイト(左):サルーンモデル、ブルー(右):エステートモデル
メルセデスAMG C43 4MATICが、4月27日、欧州で発表された。電動ターボチャージャーを搭載し、300kW(408ps)を発生、特定の走行状況ではRSGから10kW(14ps)の追加ブーストを発揮するという。

メルセデスAMG SL 43で初採用されたAMG 2.0リッター4気筒エンジンには、世界で初めて量産車として電動式の排気ガスターボチャージャーが採用され、Cクラスにも搭載されている。この新しいタイプのターボチャージャーは、全ての回転域での快適なレスポンスを実現し、よりダイナミックなドライビング感覚を伝えてくれる。ターボチャージャーは48ボルトのシステムを通じて作動し、スタータージェネレーターにも供給される。メルセデスAMG C 43 4MATICの場合、このユニットは300kW(408ps)を発生し、特定の走行状況ではRSGから10kW(14ps)の追加ブーストを発揮する。

AMG 2.0リッター4気筒エンジン

C43 4MATICサルーンの、0-100km/hの加速は4.6秒、C43エステートは4.7秒と公開されている。最高速度は、両モデル共に時速250kmに制限されている。追加オプションのAMGドライバーズパッケージを購入すると、時速265kmまで引き上げることが可能。

新型メルセデスAMG C43 4MATICのボンネットに収められているAMG 2.0リッター4気筒エンジンは、AMGの伝統である「One Man, One Engine(一人一台のエンジン)」に基づき、開発から製造まですべてアファルターバッハの工場で行われている。社内呼称M139lエンジン(lは縦置きの意味)は、世界で初めて電動式排気ガスターボチャージャーを搭載した量産エンジンだ。この革新的なシステムは、メルセデスAMGペトロナスF1チームがモータースポーツの最高峰クラスで長年にわたって成功させてきた技術をそのまま受け継いでいる。

C43 4MATIC サルーンモデル
C43 4MATIC エステートモデル

AMGパフォーマンス4MATICパーマネント・オールホイール・ドライブは、AMG独自の前後アクスル間のトルク配分(31〜69%)が特徴となっている。トルク配分をリアに寄せることでリ、高い横加速度や加速時のトラクションの向上など、ダイナミックなハンドリングを実現している。

搭載されているAMG DYNAMIC SELECTシステムには、5つのドライビングプログラムが設定されている。ラインナップは、「スリッパリー」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」の5つが用意され、快適性やダイナミック性まで、幅広い車両特性を可能にする。「スポーツ」及び「スポーツ+」では、エンジンのレスポンス、トランスミッションの変則挙動、サスペンションとステアリングのフィーリングが鋭敏になるようにチューニングされている。ECOスタート/ストップ機能は、「コンフォート」モードで自動に作動するようになっている。

AMGエキゾーストシステムは選択したドライビングプログラムに応じて、バランスの取れた控えめな音からダイナミックな音まで、多岐にわたる音質を演出する。オプションのAMGリアルパフォーマンスサウンドを追加すると、実際のエンジン音をエキゾースト内のセンサーで収音し、室内に送ることで、より情緒的なマシンの挙動を感じることができる。

世界初の電動ターボチャージャーを表すエンブレム。
C43バッジと、控えめに存在感を主張するトランクスポイラー。

エクステリア&インテリア

C43 4MATICのラグジュアリーさとダイナミックさを際立たせているのが、エクステリアとインテリアに採用されたAMG独自のディテールである。フロントには、クロームメッキのストラットを備えたAMG専用のラジエータグリルに加え、スポーティなエアインテークが印象的。ディフューザールックのリアエプロンはクロームに塗装され、フットワークの軽い印象を与えてくれる。4本出しのラウンドツインテールエキゾーストパイプがスポーティさを演出している。C 43 4MATICには、AMGライトアロイホイールと18インチタイヤが標準装備され、19インチと20インチタイヤはオプションとして用意されている。

C43 4MATIC(サルーン)フロントビュー
C43 4MATIC(サルーン)リアビュー
AMGライトアロイホイールと245/35ZR20サイズのミシュラン。

インテリアには、レッドステッチが施された上質なAMGシートに、レッドのシートベルトが採用され、黒を基調とする中で赤色を差すことで、よりアクティブでスポーティな雰囲気を演出している。ステアリングホイールは、下端が小さくカットされた控えめのDシェイプ型。グリップ部分にはパンチング加工が施され、シルバーカラーのアルミニウム製ギアシフトパドルを備えられている。アーム下部の2つのAMGステアリングホイール・ボタンを押すことで、ドライブプログラムの選択が可能だ。

高画質モニターを多用した未来感あふれるインパネ
レッドカラーが差し込まれたAMG製スポーティ・ドライビングシート

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部