イーロン・マスク考案! ラスベガスの地下トンネルを走る「テスラタクシー」をナマ体験してきたぞ。

渋滞解消の切り札になるか!?ラスベガスの地下を走る「テスラループ」とは?

昨年の11月にアメリカのラスベガスで開催されたSEMAショーで、テスラのタクシーが専用の地下トンネルを行き来するという未来の交通インフラを初体験。仕掛け人は、あのイーロン・マスクです。

TEXT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)
テスラ

これは日本にも欲しい!アメリカSEMAショーで体験した地下トンネル

最近、ツイッター社を買収したことでも話題となっている、テスラCEOのイーロン・マスク。それ以外にもスペースXやニューラリンク、オープンAIなど、経営している会社はSFの世界を現実のものにしているようで、ホントに驚かされます。

そんなイーロン・マスクが設立した会社で、まったく新しい交通インフラのサービス事業体としてアメリカで注目を浴びているのが“The Boring Company(ザ・ボーリング・カンパニー)”です。「ボーリング」は穴を掘ることを意味しますが、早いハナシ、都市部の地下にトンネルを掘って、タクシーで目的地へと直結移動できるインフラを構築する会社です。

テスラ
ラスベガス・コンベンションセンターのウエストホールに設置されたLVCCウエストステーション。

そのサービスが既に稼働している場所が全米に一か所ありまして、それがネバダ州にあるカジノの街・ラスベガスです。CESなどの大規模トレードショーが開催されることでも知られるラスベガス・コンベンションセンターの地下に設けられたトンネルは、“LVCC Loop(ラスベガス・コンベンションセンター・ループ)”という名称でオペレーションが開始されています。

テスラ
ウエスト、ノース、セントラル、サウスの4ホールからなるラスベガス・コンベンションセンター。ボーリング・カンパニーは3地点に設けられたステーションを繋ぐ地下トンネルを掘った。

昨年の11月に、そのラスベガス・コンベンションセンターで開催されたSEMAショーに取材に行った際、実際にLVCCループを体験することができました。従来からあったセントラルホールとサウスホールに加え、昨年新たにオープンしたウエストホールの3か所を繋ぐ地下トンネルを、テスラのモデル3やモデルXが無料タクシーとして運行しています。

テスラ
LVCCループに使用されるのは、モデル3を中心としたテスラの無料タクシー。SUVのモデルXも少数用意されている。
コンベンションセンターの敷地に3か所設けられたステーションを繋ぐ地下トンネルを、テスラのタクシーで移動できる。

渋滞知らずでスイスイ。目的地にワープ!

各ホールに設けられたステーションで待機していると、文字通りループするように地下トンネルを巡回してきたテスラタクシーがやってきます。空車に乗り込み、行きたいホール名を告げるとドライバーが運転して送迎してくれます。地下トンネルは刻々と色を変化させるネオンで彩られ、まるで遊園地のアトラクションのよう。徒歩だと15分ほどかかるウエストホールからセントラルホールまでの行程は、約3分で(しかも快適に)移動することができました。

テスラ
現状は自動運転ではなくドライバーがハンドル、アクセル、ブレーキを操作。トンネル内は赤や青、緑など、次々にカラーが変化し、まるで何かのアトラクションのよう。

乗る前は、ひょっとして自動運転?とも思いましたが、実際には運転支援システムのオートパイロットは使わずに、普通にドライバーが運転を行っていました。将来的にはドライバーが監視役として常駐するだけで、運転はシステムに任せることになるのかもしれません。

テスラ
LVCCセントラルステーションで待機する乗客たち。まるでアトラクションの乗り場のような雰囲気だ。

また、現在はコンベンションセンターの敷地を巡回しているだけですが、今後はラスベガスの街中にトンネルを張り巡らせて、空港や駅などからホテルやカジノへと渋滞知らずのノンストップ移動を可能にするプロジェクトも進行しているのだそう。大いに政治が絡んでくる問題だけに、果たして本当に実現するのかわかりませんが、そこは時代の寵児たるイーロン・マスクのやることですから、期待したいところです。

テスラ
LVCCウエストステーションと反対側の終点に位置するLVCCサウスステーション。徒歩だと約20分、実際には信号待ちもあるのでもっとかかる距離を、約6分で移動することができる。

著者プロフィール

小林秀雄 近影

小林秀雄

大正から昭和初期の文豪の如き不健康な風貌ながら、趣味は草野球とサーフィンというわかりにくい男。編集…