ボルトオンでOK! お手軽だけど快適な車中泊仕様が完成するN-VAN用ベッドキット【このキャンピングカーが欲しい】

キャンピングカー
岡モータース N-VANイージー・コンフォート・ベッドキット(シングル:13万7500円/ダブル:26万4000円)
岡モータースがリリースするN-VAN用のベッドキット、その見どころはフレキシブルな使い方ができること。ベッドは高さを3段階に調整できるため、高めに固定して下のスペースに荷物を置いたり、ダブルベッドを段違いに固定すれば2人がゆったりと寝転べたりと、さまざまなシチュエーションに対応してくれるのだ。

TEXT●山崎友貴(YAMAZAKI Tomotaka)
PHOTO●Motor-Fan.jp

フレキシブルに空間を使うアイデアに驚愕!|岡モータース N-VANイージー・コンフォート・ベッドキット

男性、女性にかかわらず、キャンピングカーとは非日常を楽しむためのツールだと思う。特に男性にとっては「隠れ家的」要素がプラスされ、子供の頃から憧れてきた秘密基地のようなワクワク感を味わっているわけだ。

昨今では、キャンピングカーでなくても、そのエッセンスを持っているクルマが多い。例えば、ホンダの商用車「N-VAN」なんていうのも、そのひとつ。ホンダはこういうクルマを造るのに長けていて、かつては「N-BOX+」なんていう楽しいクルマもラインアップしていた。

キャンピングカー
商用ユースだけでなく、レジャーユースでも人気を集めるホンダN-VAN。

N-VANは単なる商用車ではなく、レジャーユースを意識した作りで人気を博しているモデルだ。昨今では、ダイハツが「アトレー」を4ナンバー化して出したが、その先駆けと言ってもいい。N-VANの特徴は、運転席以外のすべての座席が、床下収納できること。積載性もさることながら、バイクを積んだり、車中泊をしたりと、その使い方はマルチに広がる。

車中泊という点で言えば、ホンダアクセスが純正でベッドキットを出しているのだが、そのベッドキットを使ってしまうと車内空間の使い方が限られてしまう。それではということで、岡モータースがリリースしたのが「N-VAN イージー・コンフォート・ベッドキット」というわけだ。

キャンピングカー
N-VANイージー・コンフォート・ベッドキットは、シングルが13万7500円、ダブルが26万4000円。

このキットは、ベッドマット、ステー、フロントベース受け専用バーというパーツ構成になる。ステーは、車体に最初から開いている穴にネジ留めするだけなので、機械イジりに慣れていない人でも自分で取り付けることができるだろう。あとは、そのステーにベッドマットを付けていく。

キャンピングカー
ベッドのステーは車体のネジ穴を利用して固定するため、穴開けなどの加工の必要がないのがうれしい。

このキットは、シングル(13万7500円)とダブル(26万4000円)があって、ひとりでのんびりと旅をしたいという人はシングルを選べばいい。同ベッドは、空中に浮くような構造になっており、さらにベッドの高さを3段階に変えることができるので、ベッド下の空間にさまざまなものを置くことができる。写真のようにMTBを数台積んで、さらに車中泊空間を作ることも可能なのだ。

キャンピングカー
ベッドの前端は前席のヘッドレストに専用バーを装着して固定する。写真のようにベッド補助脚(2万2000円)を使えば、助手席を折りたたんだ状態でベッドを展開することもできる。

ダブルベッドにした時も、また機能が凄い。運転席、助手席を支えにすれば、ダブルベッドが完成する。だが、ココで男同士で寝るのはちょっと…とか、プライベードスペースを大切にしたいという場合は、段違いでベッドを設定することができる。積むモノの大きさによって、ベッドの高さを変えたいという場合にも対応できるわけだ。

キャンピングカー
ベッドは3段階で高さ調整が可能。写真は中間のポジション。ベッドのサイズは1830mm×595mm。
キャンピングカー
左側を中間、右側を下のポジションに固定して、ベッドを段違いで展開することが可能。
キャンピングカー
ベッドは左右に渡してベンチのように使うこともできる。

要は設置できる高さが変えられるベッド、というだけなのだが、相当テンションを上げてくれる車中泊アイテムだ。写真にはこれと組み合わせて使う、各種のオプションが写っている。

まず、ウッディで温かみのある床は6万9300円。せっかくだから、車内の雰囲気を変えてくれる3万8000円のクォーターガラスボードも付けたい。ルーフサイドに付けて、快適シャワーが使えるホットシャワーキットは9万9000円だ。この他、車内をワークスペースにできるテレワーク用背もたれクッション(2万2000円)やリモートテーブルウッド(5280円/枚)なども用意されている。

キャンピングカー
ホットシャワーキットは9万9000円。

こうした、オプションをインストールしていけば、ますます秘密基地感が高まるはずだ。すでにN-VANを持っているので、改めてキャンピングカーを買うのは難しい…という向きに、まさにピッタリのキット。むしろ、このキットを使いたいから、N-VANが買いたくなるほど、魅力のあるベッドキットだと言えるだろう。

キャンピングカー

著者プロフィール

山崎友貴 近影

山崎友貴

SUV生活研究家、フリーエディター。スキー専門誌、四輪駆動車誌編集部を経て独立し、多ジャンルの雑誌・書…