N-BOXが月額29,800円から! 1ヵ月単位で利用できるホンダ車のサブスクに注目。

諸経費込み&途中解約OKな「ホンダ マンスリーオーナー」のおすすめポイントを解説。

「ホンダマンスリーオーナー」は、ホンダの中古車を最短1ヵ月から最長11ヵ月まで、ユーザーの必要な期間だけ利用できるクルマのサブスクサービスだ。どのようにクルマを利用できるサービスなのかを解説していこう。

便利な「クルマのサブスク」サービスを賢く利用しよう

近頃、「クルマのサブスク」的なネーミングをよく耳にしますが、サブスクというわりには「それって、ただのカーリースでは…?」とか「3年契約とか途中解約金って…縛り多いな」と感じられるサービスもあって、本来の「欲しい期間だけ手軽にクルマを利用する」というサブスクのイメージからは少し遠いかな、と感じることはないでしょうか。

ホンダが手掛ける「ホンダ マンスリーオーナー」は、いわゆる「サブスク」のイメージにピッタリで、安心してクルマが必要な期間だけ手軽に利用することができるサービスではないかという印象です。順を追って詳細に見ていきましょう。

「ホンダ マンスリーオーナー」のおすすめポイントは3つ。

  • 解約金不要で最短1ヵ月から11ヵ月まで利用可能。
  • 任意保険や税金、メンテナンス費用などの諸経費込み。初期費用不要。
  • ホンダの認定中古車が多数ラインナップしていて安心。

※サブスクは「サブスクリプション」の略で、月額課金・定額制でサービスを契約することを指しています。モノを所有するのではなく必要なときに借りて利用するスタイルのサービスです。

1ヵ月単位でクルマが必要な時期だけ利用できる

最短1ヵ月から最長11ヵ月まで、1ヵ月単位で利用できるのは国内自動車メーカーで唯一このサービスだけです。途中解約金が不要なので気軽に利用できます。「これからホンダ車に乗ってみたい」とか「とりあえずクルマのある生活を体感してみたい」という若者や「単身赴任中だけクルマを利用したい」といった様々なニーズにピッタリです。
必要な時期だけ使って、飽きたらやめていいなんて太っ腹なサービスです。

諸経費全部込みでN-BOXが月額29,800円〜とお得な料金設定

保険料、メンテナンス費用、車検、自動車税等の税金は全て利用料に含まれていますので、基本的にユーザーが負担するのはガソリン代と駐車場代のみとなります。また、初期費用(頭金)は無料です。他社のクルマのサブスクでは、かなり高額な初期費用が設定されている場合が多いので、そこが無料になるのも大きなポイントです。

申込みはWEBから行い、必要書類を郵送すれば手続き完了。あとはサービス拠点となる全国378店のホンダディーラーに車両を受け取りに行けばOK。という手軽さも魅力です。ローンではないので月額料金はクレジットカードで支払います。車両の所有権は移りませんが、車検証上の使用者名義はユーザーになるので「わ」ナンバーではありません。

ホンダ認定中古車も選べる。S660もラインナップ!

選択できる中古車はホンダディーラーで整備された走行距離少なめの車両が中心ですが、認定中古車も多数ラインナップしていて安心です。なかには走行距離が2桁kmの登録済未使用車と思われる車両も多数存在しています。

「N-BOX」や「フィット」「フリード」「ステップワゴン」などの人気車種に加え、「S660」や「N-BOX 福祉車両」などを用意しているあたりが、いかにもホンダらしいチョイスです。サブスクならS660に乗ってみたいというユーザーも多いと思いますし、福祉車両を期間限定で使用できるのは便利かもしれません。

また、若年層を中心に「クルマ離れ」が進む中で、クルマへの関心が薄いユーザーに、もっと気軽に「クルマのある豊かな生活」を実感してもらうキッカケをつくりたい。というホンダの想いも込められています。

「ホンダのクルマに興味があって、購入前に気軽に乗れたらいいのにな」と思っている方がいたら、こちらのサービスを検討してみてはいかがでしょうか?

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部