マツダのちょうどいいSUV、CX-30のアレコレをユーザーが本音で教えます!

マツダCX-30 | これがオーナーの本音レビュー! (リベイクVer.) 「燃費は? 長所は? 短所は?」

MAZDA CX-30 SIGNATURE STYLE
CX-30はマツダの新世代商品群の第2弾として登場した、CX-3とCX-5の中間的位置づけのSUVである。Motor-Fan TECHの会員の方々にもこのクルマのオーナーは少なくない。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところを見てみよう。

初代 DM系(2019年-)

MAZDA CX-30 国内仕様(2019年モデル)

MAZDA CX-30はMAZDA 3に次ぐマツダの新世代商品群の第2弾として2019年に登場した、CX-3とCX-5の中間的位置づけのSUVだ。コンパクトカーのMAZDA 2をベースに作られたCX-3は、スタイリッシュに作られたがゆえに荷室や後席が狭いという声があったことから、少し大きなMAZDA 3と同じプラットフォームを用いつつ、使い勝手の良さを意識して作られている。また、全高が日本のタワーパーキングに収めることのできる1540mmに抑えられているのも特徴。パワートレーンも基本的にMAZDA 3と共通で、2.0ℓ直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と、1.8ℓ直列4気筒直噴ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」に加え、新開発の2.0ℓ直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載する。2020年12月に改良が施され、「SKYACTIV-X」搭載車は出力・トルクが向上、「SKYACTIV-D 1.8」搭載車は出力が向上している。加えて全モデルにおいて、追従走行機能とステアリングアシスト機能で構成されたCTSの作動上限車速が約55km/hから高速域に引き上げられ、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)の加減速制御がより人間特性に合わせた滑らかなものに変更された。

■2019年式 20S Lパッケージ 「ほとんどの機能が備わっていて、その割にはリーズナブルな点がユーザーに伝わってないのが残念」

ニックネーム:カッチン 年式グレード:2019年式 20S Lパッケージ 性別:男性(60代〜) 居住地域:大阪府

ニックネーム:カッチン 年式グレード:2019年式 20S Lパッケージ 性別:男性(60代〜) 居住地域:大阪府

排気量:2000cc トランスミッション:AT
平均燃費:13.0km/ℓ
長所:マツダ・プロアクティブ・セーフティが秀逸。エクステリアのデザインが最高。内装のデザインが良い。
短所:レーンキープ機能が60kmまでなのが残念。燃費が思ったより悪い。 

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★☆☆
装備:★★★★☆ すべての機能が付いているので満足。
満足度:★★★★★ 機能面からみればリーズナブルな価格です。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「CX-30の安全機能は秀逸です。冬はシートヒーターやハンドルヒーターが重宝し、とてもありがたいです。アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)や、ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)などは夜間運転ではとてもうれしい機能です。ほとんどの機能が備わっていて、その割にはリーズナブルな点がユーザーに伝わってないのが残念ですね」

■2019年式 プロアクティブ 「全体のスタイル、質感、使い勝手などが良く、ほぼ満足」

ニックネーム:tani 年式グレード:2019年式 プロアクティブ 性別:男性(60代〜) 居住地域:神奈川県

ニックネーム:tani 年式グレード:2019年式 プロアクティブ 性別:男性(60代〜) 居住地域:神奈川県

排気量:2000cc(ガソリン) トランスミッション:AT
平均燃費:8.2km/ℓ(市街地)、11-12km/ℓ(高速)
長所:操安性、操作感、外観、品質感など総合的なバランスが良い。安全装備・コネクテッドが充実している(最近もっと良い車もあるが)。車高が通常セダンよりやや高く、乗り込みやすい。
短所:エンジンオン時のアイドル音が大きい(1300-1500rpm)。ブーというこもるような音がうるさく早朝や深夜は気になる。加速時の音も2ndくらい迄はうるさい(内外共)。ラゲッジルームが狭くゴルフバッグが1個も入らない。シートバックを倒す必要あり。前のレガシイは全幅は50㎜狭かったがゴルフバッグ3個搭載できた。全幅広いので、横に1個搭載できるように内装をえぐって広くすべき。すごく残念。ACC作動中、右コーナー手前で遅い車(80㎞/h)を追い越そうとして、車線変更(95㎞/h指示)した時、急ブレーキがかかって追突されそうになった。たぶん追い越そうとした遅い車を検知し、急ブレーキが掛かった模様。

評価
外観:★★★★☆ 外観スタイルがまとまっている(Mazda3よりバランスが良い)。
室内:★★★★☆ 室内の品質感が良い。同クラスのカローラよりかなり高品質感あり。
走行性能:★★★☆☆ きびきび走るが、やや後が固く跳ねる印象あり。
燃費性能:★★☆☆☆ 燃費が悪い。町乗りで8.2-3㎞/ℓは12年前購入のレガシィ(i-Stop無し)と同じ。高速でも(90-100㎞/h)10.3km/ℓと4×4レガシィの11-12㎞/ℓより悪い。
装備:★★★★☆ ADASは一通り揃っており満足だが、レーンキープ(オンセンター)機能があればなお良い。
満足度:★★★★☆ 値段は高いと思う(HEVカローラは20万位安い提示だった)が、全体のスタイル、質感、使い勝手などが良く、ほぼ満足。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「試乗して全体の質感(操安性、視界、操作性、スタイル、品質感等)を肌で感じると良さが分かります。燃費は全く気にしない方が良い。ディーゼルも試乗したが、ディーゼルとしては静かだが、今時のガソリン車の比ではない」

■年式不明 20S プロアクティブ ツーリングセレクション

ニックネーム:よっしー 年式グレード:年式不明 20S プロアクティブ ツーリングセレクション 性別:男性(20代) 居住地域:愛知県

ニックネーム:よっしー 年式グレード:年式不明 20S プロアクティブ ツーリングセレクション 性別:男性(20代) 居住地域:愛知県

排気量:2000cc トランスミッション:AT
平均燃費:15.2km/ℓ
長所:値段の割に質感が凄い。静粛性が高い。
短所:ACCの制御が大変荒く、急加速・急制動が多い。ドリンクホルダー周りが暗い。

評価
外観:★★★★★ マツダらしく大変上質なデザイン
室内:★★★★★ 質感高く、高級車のよう
走行性能:★★★★★ 静粛性が大変高い
燃費性能:★★★★☆ ハイブリッドではないためほどほど
装備:★★★★☆ ACCの制御が荒い以外は満足
満足度:★★★★★ 価格に対して質感かわとても高く、とてもハイコスパに感じる

このクルマの購入を検討している人にひと言
「コンパクトSUVとしては価格が高めですが、大変質感が高く、また機械式立体駐車場に入るサイズ感は日本で使うにはとても良いと思います。HEVなど電気の走りは体験できませんが、コンパクトSUVを検討中ならば試乗をおすすめします」

■年式不明 20S プロアクティブ ツーリングセレクション 「シートヒーターやハンドルヒーターまであり装備がよい。安全装備も充実」

ニックネーム:H.Nakazawa 年式グレード:年式不明 20S プロアクティブ ツーリングセレクションG 性別:男性(50代) 居住地域:茨城県

ニックネーム:H.Nakazawa 年式グレード:年式不明 20S プロアクティブ ツーリングセレクションG 性別:男性(50代) 居住地域:茨城県

排気量:2000cc トランスミッション:AT
平均燃費:13km/ℓ
長所:室内がとても静か。シートヒーターやハンドルヒーターまであり装備がよい。安全装備も充実。
短所:燃費がイマイチ。乗り心地が少し硬め。ACCの制御が急な感じがする。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★☆☆ 
燃費性能:★★☆☆☆ 
装備:★★★★★ 
満足度:★★★★★ 

このクルマの購入を検討している人にひと言
「装備が充実していてとても良い車だと思う。コスパも良いと思う」

■2019年式 プロアクティブ ツーリングセレクション 「やはりディーゼルの走りを経験するとやはり離れられ無くなると思います」

ニックネーム:ヨッシー 年式グレード:2019年式 プロアクティブ ツーリングセレクション 性別:男性(60代〜) 居住地域:奈良県

ニックネーム:ヨッシー 年式グレード:2019年式 プロアクティブ ツーリングセレクション 性別:男性(60代〜) 居住地域:奈良県

排気量:1800cc トランスミッション:AT
平均燃費:23km/ℓ
長所:なんと言ってもスタイリング。取り回しの良い大きさ。ディーゼルのトルクフルな走り。
短所:まずは安全対策に差別化をつけていない事。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★★ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★☆☆ 

このクルマの購入を検討している人にひと言
「やはりディーゼルの走りを経験するとやはり離れられ無くなると思います。同じ感覚を得るためには2.5リッタークラスに乗らなければならなくなります。そうなるとコスパとか駐車スペースも問題が出てきます」

■2020年式 XD Lpackage AWD 「是非乗ってみて欲しい。特にクリーンディーゼルは音さえ気にならなければガソリンとの価格差もありハイブリッド車よりもお得」

ニックネーム:スーさん 年式グレード:2020年式 XD Lpackage AWD 性別:男性(50代) 居住地域:栃木県

ニックネーム:スーさん 年式グレード:2020年式 XD Lpackage AWD 性別:男性(50代) 居住地域:栃木県

排気量:1800cc トランスミッション:AT
平均燃費:19.1km/ℓ
長所:燃費が良いところ。マツダのディーゼルはハイブリッド車よりも私の使い方では燃費が良い。力強い加速感。低速では多少もたつくがその後は力を持て余し気味。インテリアが上質。レクサスUX250hの最上級グレードよりも上質だと感じた。
短所:ACCの運転が少しヘタ。ブレーキが遅くて怖い。ハンドル支援が中央線よりに走りがち。ふらつきもある。低速トルクが不足しているのか、安全制御のためか、特に右折時に前に出ない。もたつく。ディーゼル音はやはりうるさい。走行中はガソリン車よりもむしろ静かなので、停車時の騒音が余計に気になる。

評価
外観:★★★★★ ドアの映り込みがとても良い。
室内:★★★★★ 手に触れる部分が全て柔らかく上質感がある。
走行性能:★★★★☆ 低速トルクが不足しているように感じる。ディーゼル音はやはりうるさい。
燃費性能:★★★★★ 想定以上。以前乗っていたフィットハイブリッド4WDよりも燃費が良い。
装備:★★★★★ パワーリヤゲートが使いやすい。フットセンサーがあればより良かった。
満足度:★★★★★ 全てに満足できないが、価格とのバランスでは120点。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「是非乗ってみて欲しい。特にクリーンディーゼルは音さえ気にならなければガソリンとの価格差もありハイブリッド車よりもお得。マツダは標準装備が充実しているので他社(特に日産)のように最終的な支払いが高くならないところも良い」

■年式不明 XD Lパッケージ 「こだわりを持ったいいクルマだと思います」

ニックネーム:M.Ide 年式グレード:年式不明 XD Lパッケージ 性別:男性(60代〜) 居住地域:長野県

ニックネーム:M.Ide 年式グレード:年式不明 XD Lパッケージ 性別:男性(60代〜) 居住地域:長野県

排気量:1800cc トランスミッション:AT
平均燃費:17.5km/ℓ
長所:ディーゼルがもたらすトルク感あふれる加速。価格以上の装備。燃費を含むトータルバランスの良さ
短所:発進時のもたつき。今度の年次改良で改善されたので、アップデートしてほしい。オートホールドがエンジンを切るたびに解除されてしまう。レーンキーピングアシストの設定速度が低い。

評価
外観:★★★★★ どこかのガンダムのような幼稚なデザインでなく、大人の美しさがある。
室内:★★★★★ 必要な機能をほとんど装備しているのに、スッキリしたデザイン。
走行性能:★★★★☆ もう少しパワーが欲しい。
燃費性能:★★★★★ 今までガソリン車ばかり乗ってきたが、ディーゼルの燃費には満足している。 
装備:★★★☆☆ 装備自体には満足だが、ソフト面でのアップデートを望む。
満足度:★★★★☆ ソフト面が改良されれば満足度は5である。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「今回の年次改良で少ない不満点も改良されたので、購入しても満足度は高いと思います。MAZDAに対する先入観を私も持っていましたが、購入後はそんなものはどこかに吹き飛んでしまいました。こだわりを持ったいいクルマだと思います」

■2020年式 グレード未詳 「価格に対する外観デザインの良さや、内装インテリアの高級感は満足できるものがある」

ニックネーム:サッキー 年式グレード:2020年式(3月) グレード未詳 性別:男性(50代) 居住地域:滋賀県

ニックネーム:サッキー 年式グレード:2020年式(3月) グレード未詳 性別:男性(50代) 居住地域:滋賀県

排気量:2000cc トランスミッション:AT
平均燃費:8km/ℓ
長所:価格に対する外観デザインの良さや、内装インテリアの高級感は満足できるものがある。安全装備が充実している。静粛性が高い。
短所:わかってはいたが、やはり後席は少し狭く感じる。後席にリクライニング調整がない。

評価
外観:★★★★★ 気に入ってます。
室内:★★★★☆ 後席は少し狭い。
走行性能:★★★★☆ コーナリングも安定しており、加速感もそれなりに味わえる。
燃費性能:★★★☆☆ 2ℓガソリン車なのでこれくらいかな。ただ、もう少し良いかなという期待もありました。
装備:★★★★★ 特に不満は無いです。
満足度:★★★★★ 外観、内装気に入って買ったので満足です。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「多くの方のコメントにもあると思いますが、外観デザインやインテリアの高級感に対するコスパは高いといえます。不満点も年次改良で結構アップデートされるので、なかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、初期のベースのクオリティは高いと思いますので、欲しいと思ったのなら、早く購入されることをお勧めします」

■2020年式 X プロアクティブ 「存在感や実用性は非常に良いと思います」

ニックネーム:SPCCI(火花点火制御圧縮着火) 年式グレード:2020年式 X プロアクティブ 性別:男性(40代) 居住地域:兵庫県

ニックネーム:SPCCI(火花点火制御圧縮着火) 年式グレード:2020年式 X プロアクティブ 性別:男性(40代) 居住地域:兵庫県

排気量:2000cc トランスミッション:AT
平均燃費:11.62km/ℓ
長所:高速走行時の燃費は18.5km/ℓ。腰が立つシート形状で運転しやすい。落ち着いた車内と高級感。
短所:街乗り燃費は10km/ℓを切ることも。初期のブレーキタッチが悪く微妙な調整ができない。アイドリングストップから復帰時、急につながる。窓のラインが高くて駐車場の券が取れない。

評価
外観:★★★★★ 曲面を巧みに使ったデザインはさすがです。街、高速道路で見かけても思わず目線をひきつけます。
室内:★★★★☆ 全体の質感は高いです。プロアクティブでも黒/茶を選べるようにしてくれたら+1。
走行性能:★★★★☆ 加速性能は十分余裕です。ブレーキパッドの当たりがつくまで制動時のコントロール性が悪いです。M-HEVのコントロールが悪いです。信号手前で減速、エンジン停止からの復帰時にショックがあります。要改良です。
燃費性能:★★☆☆☆ 実用でWMTCの16.8km/ℓを期待していましたが、遠く及ばずです。せめて街乗りでパート1の13.3km/ℓあれば良いのですが。
装備:★★★★☆ ACCの減速、再加速の設定がなかなアグレッシブです。さすがマツダ。マイルドモードを選べると良いと思います。マツダコネクトでドアのロックや燃料残量が分かるのは便利です。
満足度:★★★★★ 存在感や実用性は非常に良いと思います。自動運転系はありませんが、自ら操る人には最適と思います。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「”SKYACTIV-X 搭載 と 後部座席の居住性、外観デザインで購入を決めました。普通のSKYACTIVと比べると、過給機を搭載しているため、低速トルクの余裕は圧倒的です。ただ、XのSPCCIを感じることができるかどうかでいうと、なかなか難しいいと思います。いつもモニターを見ていますがまず切り替えポイントはわかりません。それだけよくできていると思います。全気筒に筒内圧センサーを搭載して、最適点火時期でコントロールするなんて前人未踏、唯一無二です。この価値を実感できる方には是非とも夢のエンジンSKYACTIV-Xをお勧めします。普通の感覚では70万円は高すぎますが、中身を知っていれば納得です。もう少し燃費が良ければとは思いますが。関心のない方は普通のSKYACTIVで」

■2019年式 20S プロアクティブ FF 「運転するとやや大きく感じるので他の車にも試乗することを勧めたい」

ニックネーム:水谷 年式グレード:2019年式 20S プロアクティブ FF 性別:男性(40代) 居住地域:滋賀県

ニックネーム:水谷 年式グレード:2019年式 20S プロアクティブ FF 性別:男性(40代) 居住地域:滋賀県

排気量:2000cc トランスミッション:AT
平均燃費:9km/ℓ
長所:滑らかな乗り心地。アームレストの幅が広く助手席に人を乗せやすい。シートの高さがちょうどいい。
短所:窓の下端が高くチケットが取りにくい。意外に燃費が悪い。全幅が大きい割に荷室の幅が狭い。

評価
外観:★★★★☆ サイドやフロントに傷がつくと目立ちそうな造形。
室内:★★★★☆ 乗員スペースは充分広く質感もよい、荷室の幅がやや狭い。
走行性能:★★★★★ 充分な加速力があり、滑らかな乗り心地。
燃費性能:★★★☆☆ 思ったよりよくない。
装備:★★★★☆ フロントのクロストラフィックアラートや360度モニターが便利。
満足度:★★★★☆ 値段相応の満足度はある。

このクルマの購入を検討している人にひと言
「運転するとやや大きく感じるので他の車にも試乗することを勧めたい」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部