北米で大人気のトヨタのフルサイズピックアップ、タンドラにバリエーションが追加された。

2023年型トヨタ・タンドラに「SXパッケージ」がラインナップ追加!

トヨタは北米市場向けの2023年型トヨタ・タンドラに「SXパッケージ」をラインナップ追加することを発表した。i-FORCE 3.5LツインターボV6が標準搭載され、最高出力389ps、最大トルク649Nmを発揮。最大5トン以上の牽引能力とパワフルな性能に加え、最新のアクティブセーフティ「Toyota Safety Sense2.5」を兼ね備えた、新しいタンドラについて見ていこう。

カスタムスタイルを充実させた新パッケージ「SX」が新たに設定された。エンジンルームにはi-FORCE 3.5LツインターボV6が標準搭載され、最高出力389ps、最大トルク649Nmを発揮。さらに、2023年型タンドラにi-FORCE MAXパワートレインを搭載、437ps、最大トルク790Nmを発揮する。最大5トン以上の牽引能力と、最新のアクティブセーフティ「Toyota Safety Sense2.5」を兼ね備えた、新しいタンドラを紹介する。

骨太なパーツで囲われた巨大なグリル
グリル下部には主張が抑えられた「TUNDRA」の刻印が
直線的な造形が特徴の純正ホイール

2023年型タンドラのラインナップにはSR、SR5、Limited、Platinum、1794グレードが用意されている。TRD Proと新たなフラッグシップモデルのCapstoneがタンドラのラインナップに復活し、いずれもi-FORCE MAXパワートレイン専用モデルとして販売される。

エクステリアカラーはホワイト、マグネティックグレーメタリック、セレスティアルシルバーメタリック、ミッドナイトブラックメタリックの4色が設定された。

パワートレイン

V6ツインターボとV6ハイブリッドターボの2種類のパワートレインが新たに追加された。両エンジンとも、10速のECTi(Electronically Controlled Automatic Transmission with Intelligence)を搭載しており、10速は、シーケンシャルシフトモード、上り坂/下り坂シフトロジック、TOW/HAULドライビングモードを搭載している。

i-FORCE 3.5L ツインターボ V6 は、DOHC 24 バルブシリンダーヘッドと Dual VVTi システムにより、最高出力 389ps、最大トルク649Nmを発揮する。さらに、ハイブリッドパワートレイン「i-FORCE MAX」を搭載し、最高出力437ps/5,200rpm、最大トルク790Nm/2,400rpmを発揮する。

新型i-FORCE MAXは、V6ツインターボと、エンジンと10速ATの間のベルハウジング内に配置されたクラッチ付きモータージェネレーターが組み合わせられた。エンジンの始動、EV走行、電気アシスト、エネルギー回生をパラレルハイブリッド部品のみで行い、モータージェネレーターはトランスミッションを介して追加の動力を供給する。バッテリーは、実績と信頼のある288Vのニッケル水素バッテリーを助手席下に搭載している。

低速域では電気モーターが主役だが、時速18マイルを超えるとガソリンエンジンが常時稼働し、中高速域で性能を発揮してくれる。TOW/HAULモードでは、i-FORCE MAXシステムが常時作動し、牽引に必要な加速とトルクを発揮する。

オフロード性能

タンドラTRD Proモデルおよび4×4トラックには、オフロードでの走破性を向上させるアップグレードが数多く搭載されている。マルチテレインセレクトは、さまざまな地形でホイールスピンをコントロールするための調整機能を備えている。CRAWLコントロールは、低速オフロードクルーズコントロールとして機能し、ドライバーは5段階の速度から選択した速度を維持しながらステアリングに集中することができる。ダウンヒルアシストコントロールは、下り坂で車速が出すぎるのを制限し、ドライバーの運転をサポートしてくれる。

シャシーには高張力鋼板が随所に採用され、先代モデルよりも大幅に剛性を高めるとともに、要所にアルミニウム素材が使用され軽量化が図られている。新開発のシート・モールデッド・コンパクト(SMC)構造とアルミ製クロスメンバーにより、軽量かつ高強度なベッドが実現された。新しいSMCベッドは従来のスチール製デッキと比較して、へこみ、衝撃、錆に対する保護性能を向上させている。また、テールゲートにも軽量化技術を採用し、先代モデル比で20%の軽量化を実現した。

足回りではリーフスプリングを廃止し、マルチリンク式リアサスペンションを採用。これにより、乗り心地や直進安定性、ハンドリング性能の向上はもちろんのこと、牽引性能も旧モデルより向上している。タンドラの最大牽引力は、先代比17.6%増の12,000ポンド(5443kg)になりました。最大積載量も11%以上向上し、1,940ポンド(879kg)になった。

Toyota Safety Sense2.5

タンドラにはToyota Safety Sense2.5が全グレードに標準装備されている。オートマチックハイビームは、先行車や対向車を検知し、ハイビームとロービームを自動的に切り替えて照射するもの。ロードサインアシスト(RSA)は、前方カメラを使用して特定の道路標識情報を認識し、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)に表示するように設計されている。他にもブラインドスポットモニターや、レーンキープサポート機能など多くのサポート機能が充実している。

タンドラでは、シャシーの強度を高めるだけでなく、牽引を容易にするための様々な機能を備えている。パノラミックビューモニター(PVM)は、カメラを使ってトラックの上面から下面を14インチディスプレイに表示してくれる。また、ビューには、貨物を確認するための後部トラックベッド、トレーラーの両側にあるものを表示するリアスプリットビュー、トレーラーの接続を支援するヒッチビューが含まれている。

電動格納式牽引ミラーは、背が高くなりミラーの曲率も変更されたため、ドライバーの視野が広がり、より明瞭にトレーラーを視認することができる。また、新しいミラーはヒーター付きで、ターンシグナルとブラインドスポットモニター(BSM)通知機能を内蔵している。また、PVM/MTMシステム用のカメラもミラーに内蔵されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部