アウディジャパンがEV販売における「e-tron資格認定制度」を導入。EVのスペシャリストを養成

アウディジャパンがEV販売における「e-tron資格認定制度」を導入。EVに関する包括的な知識を有するスペシャリストを養成

アウディジャパンはこのほど、EVモデル販売のスペシャリストを養成して顧客への提案力・サービス向上を目的とする「e-tron 資格認定制度」を導入すると発表した。この制度は、全国のアウディe-tron店(110店舗、現時点)のすべての新車セールススタッフを対象としている。

電動化戦略のなかで強固な販売体制を構築し、プレミアムEVブランドとして、アウディのEVを安心して購入、所有してもらえるサポート体制を強化

自動車業界は電動化シフトにより、100年に一度の変革期を迎えている。これに伴い、EVの販売においては、これまでのガソリンやディーゼルエンジンモデルとは異なる、EV特有の充電メカニズムや補助金等に関する包括的な知識を、お客様にわかりやすく説明・提案する能力が求められている。アウディジャパンは「e-tron 資格認定制度」の導入により、セールススタッフがEV販売に必要な知識を身につけ、お客様の要望に対して的確な提案を行うことにより、さらなるサービスの向上を目指す。

この資格認定制度は「e-tron セールスコンサルタント」と「e-tron スペシャリスト」の二段構成となっている。「e-tron セールスコンサルタント」は、アウディのEV「e-tron」の販売に必要な知識を身につけ、お客様に的確な提案ができることを目的としており、全国アウディe-tron店すべての新車セールススタッフが対象。育成トレーニング受講から資格認定まで、およそ4~5カ月間を要する。ここでは、プロダクトに関する深い知識、充電やインフラ、販売プロセスなど、EVに関するさまざまな事前学習の後に、習得確認とケーススタディの二度にわたる試験を実施。アウディ独自の資格認定制度として、2022年5月より育成トレーニングを開始した。

一方「e-tronスペシャリスト」は、「e-tron セールスコンサルタント」有資格者を対象とした有期限資格で、EVの専門家として、また、業界・制度等の最新情報を常に把握するスペシャリストとして、各アウディe-tron店舗内で「e-tron セールスコンサルタント」に対する指導役も担う。こちらは「Q4 e-tron」の導入が予定されている今年の第4四半期を目途に資格認定を開始する予定だ。

アウディジャパンは、この「e-tron 資格認定制度」を通じて、電動化戦略のなかで強固な販売体制を構築し、プレミアムEVブランドとして、アウディのEVを安心して購入、所有してもらえるサポート体制を強化していく。

これまでにドイツ本社は、電動化戦略「Vorsprung 2030」で明確なロードマップを策定しており、2026年以降に新たに発表するニューモデルはすべてEVとし、2033年以降は全モデルの販売をEVとする計画を発表している。日本市場では、アウディのEV「e-tron」ファミリーをすでに8モデル導入しており、2024年には15モデル以上を導入する見通しだ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部