年内に設立。ソニーとHondaが、モビリティ事業を行なう新会社「ソニー・ホンダモビリティ」の設立に関する合弁契約を締結

ホンダのHonda-eとソニーのVISION-S
ソニーとHondaはモビリティ分野における戦略的提携に向けた協議・検討を進めてきており、6月16日に高付加価値のエレクトリック・ビークル(EV)の販売とモビリティ向けサービスの提供を行なう新会社の設立に関する合弁契約書を締結した。

新会社「ソニー・ホンダモビリティ」の契約は、Hondaの最先端の環境・安全技術をはじめとするモビリティ開発力、車体製造技術及びアフターサービス運営の実績と、ソニーが保有するイメージング・センシング、通信、ネットワーク及び各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を持ち寄り、利用者や環境に寄り添い進化を続ける新しい時代のモビリティとモビリティ向けサービスの実現を目指し締結された。

新会社の設立は2022年中が予定されており、新会社によるEVの販売とモビリティ向けサービスの提供開始は、2025年に予定されている。合弁会社の社長には、ソニーでEV事業の開発責任者を務めてきた川西泉常務が就き、会長にはホンダの水野泰秀専務が就任する。共同開発するBEVは高価格帯となるようだ。また精算はホンダの工場が担当し、ソニーが音楽や映像などの社内サービスを提供するという。

ソニーグループ 代表執行役 会長 兼 社長 CEO 吉田 憲一郎は以下のように述べた。
「ソニーは、『モビリティ空間を感動空間へ』というビジョンのもと、セーフティ、エンタテインメント、アダプタビリティの三つの領域を軸に、モビリティ事業に取り組んでいきます。この領域での学びを重ねる中で、グローバルな実績と知見を有するHondaというパートナーに出会い、この度、合弁契約の締結に至ったことを、大変嬉しく思います。今後は、モビリティにおけるHondaの最先端の環境・安全技術をはじめとするモビリティ開発力、車体製造技術及びアフターサービス運営の実績と、ソニーのイメージング・センシング、通信、ネットワーク技術及び各種エンタテインメント技術の開発・運営の実績を合わせることで、モビリティの進化への貢献を目指します」

本田技研工業 取締役 代表執行役社長 三部 敏宏は以下のように述べた。
「Hondaは『意志を持って動き出そうとしている世界中すべての人』を支えるパワーとなることができる存在でありたいと願い、モビリティを通じた社会変革の原動力となるべく、環境・安全・先進領域等、新たなチャレンジを続けています。今回、先進デジタル技術に強みを持ち、新たなチャレンジへの志を共にできるソニーと合弁契約締結に至ったことを大変嬉しく思います。3月の発表以降、多くの皆様より期待の声を頂いています。新会社では、異業種の組み合わせで化学反応を起こし、新しい価値を具現化していきます。ぜひご期待ください」

新会社の概要(予定)

社名: ソニー・ホンダモビリティ
所在地: 東京都
資本金: 100億円
出資比率: ソニーグループ50%、本田技研工業50%
役員構成: 代表取締役 会長 兼 CEO   水野 泰秀
代表取締役 社長 兼 COO   川西 泉
取締役 副社長                 山口 周吾
取締役 専務                    岡部 宏二郎
取締役(非常勤)            小澤 学(本田技研工業)
取締役(非常勤)            堀井 直也(ソニーグループ)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部