Hondaの新事業創出プログラム「IGNITTION(イグニッション)」発のベンチャー企業「ストリーモ」設立

電動マイクロモビリティ Striemo
Hondaの新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」よりベンチャー企業として2社目となる「ストリーモ社」が設立されたことがHondaより発表された。

ストリーモは、独自のバランスアシスト機構により、ゆっくり歩くようなスピードから自転車程度のスピードまで、転びづらく安定した走行を可能にした1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「Striemo(ストリーモ)」を開発しており、2022年中に日本国内で、2023年に欧州でそれぞれ発売を予定している。

1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「Striemo」の特長
0.1mm単位で重心バランスを計算した緻密な設計と、独自のバランスアシスト機構により、人が自然とバランスを取りやすい構造になっており、ゆっくり歩くようなスピードから自転車程度のスピードまで、転びづらく安定した走行が可能となっている。

新事業創出プログラム「IGNITTION」について

新事業創出プログラム「IGNITTION」は、Honda従業員の持つ独創的な技術・アイデア・デザインを活かし、社会課題の解決と新しい価値の創造を目的としており、2017年に開始された。2021年にはIGNITION発のベンチャー企業第1号として「Ashirase社(あしらせ)」が設立された。

新事業創出プログラム「IGNITTION」の特長

  • ・勤続年数や所属部門にかかわらず、日本国内の事業所に勤めるHonda正規従業員は誰でも応募可能
  • ・最終審査を通過したアイデアは、社内で事業化、あるいは起業しベンチャーとして事業化
  • ・事業化判断までの期間は6ヵ月を基本とし、期間中は専門スキルを持った社内人材によるタスクフォースチームが結成され、提案者をサポート
  • ・審査過程において、ベンチャーキャピタルがアドバイスや支援を実施
  • ・起業したベンチャーの独立性を担保するため、Hondaの出資比率は20%未満とする
【IGNITION】一人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「Striemo」

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部