スバルのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」が海上保安庁より受注。海難救助や海上災害対策などに従事

スバルはこのほど、ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を海上保安庁から受注したことを発表した。この機体は、海上における治安の確保、海難救助、海上災害対策などに従事し、被災地への物資輸送なども行う見込みで、2025年に納入される予定だ。

出力向上により運用範囲が拡大したことや、積載可能重量の増加等の性能改良によって、さらなる輸送能力と運航効率の向上を提供

「SUBARU BELL 412EPX」は、海上保安庁が現在所有するBELL 412EPと共通性があることから、既存リソースの活用等により、スムーズな導入・移行が可能だ。加えて、出力向上により運用範囲が拡大したことや、積載可能重量の増加等の性能改良によって、さらなる輸送能力と運航効率の向上を提供する。

SUBARUは今後も、機体の製造・販売のみならず、部品供給や定期整備等を通じて、ヘリコプターの安全・安心な運航をサポートしていく。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部