BP5スバル・レガシィでアウトドアへ | イワタニのシングルバーナーFORE WINDS FW-MS01に合わせて遮熱テーブルと燕三条産の調理道具と新調した

BP5スバル・レガシィツーリングワゴン | イワタニのシングルバーナーFORE WINDS FW-MS01に合わせた遮熱テーブルで、ミニマルなプロの厨房気分を味わう

二つ折りの遮熱テーブルを展開。「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」をセット。下にCB缶が少し見える。
新規導入したイワタニのシングルバーナーFORE WINDS FW-MS01。今回は、それに合わせた遮熱テーブルを探してみた。さらにそれに合わせた調理道具も新調した。
TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

新しいクルマがくると、タイヤ&ホイールを換えたり、エアロパーツが欲しくなったりするものだ。それは、「もの大好き人」にとっては抗えない衝動だ。アウトドアでも、ひとつのグッズが増えると、今まで所有しているグッズでも代用できるのに、それに合ったアイテムを追加していきたくなる。楽しみ以外、何ものでもないが、ある意味、悲しい性でもある。

BP5スバル・レガシィツーリングワゴン もちろん新しいクルマではないが、いつものジムニーから考えると「新しい」のだ。

久しぶりのシングルバーナー、「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」。ライバル視されている王者「新富士バーナーSOTO レギュレーターストーブ ST-310」に比べると、後から追加する純正の専用アクセサリーがない。このあたりは「SOTO レギュレーターストーブ ST-310」の人気が高い要因でもあるのだろう。「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」は完結していると言えば言えなくもないのだが、ちょっと寂しい感はある。

遮熱テーブルは「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」専用。ゴトクに合わせて奇麗にカットされている。

「新富士バーナーSOTO レギュレーターストーブ ST-310」の純正オプションとして例に挙げると、アシストセット(ポーチ、点火アシストレバー、アシストグリップと呼ばれる滑り止め、電動熱保護)、ウインドスクリーン、角形のクッカー、そして専用設計の小さなテーブル等である。特に遮熱板を兼ねたこの専用設計のミニマルワークトップST-3107のイメージは、ステンレスで覆われたプロの厨房のようで、ちょいと羨ましい。

遮熱テーブルの裏側。蝶番は使われておらず、リベット留め。脚は金属の反発を利用。シンプルで良いが、そのうちに緩んでくる可能性もありそうだ。

そこで大手通販サイトで探し、「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」専用のミニテーブルを手に入れた。もちろん、スタイルも大切であるが、大きめのコッヘルやフライパン等を使う場合、それらの調理器具の熱がCB缶へ伝わらないようにする遮熱板としても役に立つ。それで大いに安全面もアップする。また、3ボンベ化した場合、CB缶をひとつの支えとして設計されている「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」は、3本の脚では非常に不安定。このテーブルで「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」のゴトクを固定しておけば安定度は増すはずだ。

この遮熱板兼テーブルは広げると、縦約16cm、横約32cmになる。家庭用のまな板よりも小さいサイズではある。その上にゴトクの形にカットされた所にバーナーが入り込む。ゴトクの上にコッヘルが載るので、さらにテーブルの有効な面積は狭くなる。

CB缶を3本使用し、バーナーから離した状態。この遮熱板テーブルがないと「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」は安定しない。

だが、ソロで一品料理で済ますのなら、メスティン等で炊飯をし、このテーブルの上に置いて蒸らす。メインディシュを空いたバーナーで調理をするには充分なスペースである。

また特に楽なのは、この小さな遮熱テーブル、シングルバーナーと簡単に分離ができるので、外してそのまま洗える。食器と一緒に洗えば良いのだ。

作りはリベットで構成されている。そこが緩んでくる可能性はある。冬はちょっと冷たいだろうけれど、プロの厨房をイメージすることもできる。リベットは打ち直せるかもしれない。長く付き合えそうなデザインだ。

小さめなナガオのキッチンツール。新潟、燕三条で生産される日本製。

さて、もうひとつアイテムをイワタニ FORE WINDS FW-MS01」と遮熱テーブルの合わせて新たに導入。こちらは日本製だ。カラーは大好きなオレンジ。モーラナイフと同色で揃えた。「小振りなお玉」、「トング」、「ヘラ」、「フライ返し」の4点セット。ナガオというメーカーのもので、燕三条で金型、成形、包装、出荷を行なっているメーカー。小振りなこのミニサイズのこのセットはミニマムキャンプには使い勝手が良い。カラーも4色で楽しさも加えてくれる。

さぁ、こうなると、次はコッヘルや食器あたりを新たに探ることになりそうだ。「どうする?」軽くて丈夫なチタン製品が今、とても気になって仕方がないのだ。

このキッチンでチヂミとフレンチトーストを作ってみる

今回はチヂミ。苦労の割には見た目はイマイチ。「イワタニ FORE WINDS FW-MS01」の小さめなバーナーヘッドの使い勝手は? 全体に同一の熱を伝える料理は苦手のようだ。
チヂミの食材その1。モチモチ感がお好きな方は片栗粉を多めに。
チヂミのタレを作る。適当に混ぜながらプラ容器でシェイクして味を決める。どうもコクがない。
コクを出すために顆粒の鶏ガラスープを加える。「あっさりコク」うまですと。
ニラと小葱を約4cmあたりでカット。スキレットが小さい場合は短く2cmあたりが成形がしやすい。
人参も細切りに。こちらも短い方が小さめな調理器具には良い。
シーフドミックスは解凍しておく。すべての具材をボウル1に。
薄力粉と片栗粉をボウル2に入れ、水で溶く。具材とは分けて作り、具材に合わせて量を調整する。
具材は多めに、粉は少なくが僕の好み。
スキレットで焼き、フライ返しで押さえる。熱が部分的にしか伝わらないのは、バーナーヘッドの小ささによる。お好み焼き等、全体に同じ熱を必要とする調理には向かないバーナーである。
天候悪し。早めに食事を済ます必要がある。舟は出せない。川の水が濁り始めた。撤収。
フレンチトーストの食材。保存パックを使う。
卵一個、牛乳適量、砂糖を保存パックに入れ、よく混ぜてからパンに吸い込ませる。前夜に準備してクーラーボックスに入れておくと楽である。
弱火で火を通す。許容範囲では有るが、バーナーヘッドが小さいので均一に加熱が出来きない。焦げ目が中心部に集中してしまう。
パウダーシュガーを掛けると見た目が別物となる。シナモンを持ってくるのを忘れる。
業務スーパーの1リットル牛乳と同じ紙パック入りのデザート。プリンを食すが、キャンプには向かないシリーズかな。撮影はしたが、アウトドアとの接点が見つからない。ではまた来週。よろしくお願い致します。See You!

著者プロフィール

伊倉 道男 近影

伊倉 道男

フォトグラファー。国学院大学法学部法律学科卒。アパレル会社にて総務人事、営業を経験。その後、但馬 治…