F1技術を踏襲した、電動式排気ガスターボチャージャーと48ボルト電機システムを搭載した新型メルセデスAMG C 43 4MATICが登場!

新型AMG C 43 4MATICに搭載されたエンジンは世界で初めて電動式排気ガスターボチャージャーを搭載した量産エンジンだ。この革新的なシステムは、メルセデスAMGペトロナスF1チームがモータースポーツの最高峰クラスで長年にわたって成功させてきた技術をそのまま受け継いだものである。このエンジンは、開発から製造まですべてアファルターバッハの工場で行われており、メルセデスAMGの優秀な従業員のクラフトマンシップが注がれている。革新的なM139Iエンジンのメカニズム詳細について紹介しよう。

新型メルセデスAMG C 43 4MATICの心臓部に収められたAMG 2.0リッター4気筒エンジンは、革新的なテクノロジーと高い性能、そして卓越した効率性を兼ね備えている。このエンジンは、AMGの伝統である「One Man, One Engine(一人一台のエンジン)」に基づいて、開発から製造まですべてアファルターバッハの工場で行われている。

メルセデスAMG C 43 4MATICの2.0リッター直列4気筒エンジンは、408psの最大出力と500Nmの最大トルクを発揮する。状況に応じてベルト駆動式のスタータージェネレーター(RSG)を通じて14psの追加ブーストも発揮される。この断続的パワーアップに加えて、第2世代のRSGがマイルドハイブリッドとして機能し、パワー効率を最大化してくれる。

C 43 4MATICサルーンの0-100km/h加速は、わずか4.6秒を達成。C 43エステートは4.7秒となっている。最高速度は、両車両とも電子制御で250km/hに制限されている。オプションのAMGドライバーズパッケージを追加することで265km/hまで引き上げることができる。

世界初電動式ターボチャージャー搭載の量産エンジン

搭載されているターボチャージャーの排気側のタービンホイールと、吸気側のコンプレッサーホイールの間にあるシャフト部分には、厚さ約4cmの電気モーターが直接組み込まれている。これを電子制御することにより、ターボチャージャーのシャフトを直接駆動させることができ、コンプレッサーホイールを加速させる。電動式ターボチャージャーは、48ボルトの車載電動システムによって厳密に駆動管理されている。

ターボの回転速度は最大175,000rpmにも達し、非常に高い空気流量を可能にする。この方法により、アイドリング回転数から全回転域に渡ってエンジンレスポンスが大幅に向上。アクセルペダルの踏み込みに対して、内燃機関がさらに自発的に反応するようになり、ドライビングフィール全体がダイナミックな仕様になった。さらに、ターボチャージャーを電動化することによって、低回転域での高トルクの発揮が実現されている。これにより、低速コーナーでの俊敏性も向上。停止状態からの加速もスムーズに行うことができる。また、アクセルやブレーキから足を離しても、常にブースト圧を維持することができるため、ダイレクトなレスポンスを持続させることができる。

このターボチャージャーは、モータースポーツ界から導入されたM139のクローズドデッキ設計を採用している。軽量化と最大限の剛性を確保し、最大160barの燃焼ピーク圧力を可能にしている。シリンダー周辺はほぼ無垢の状態で、カバープレートには冷却水とエンジンオイルのための小さなダクトが貫通しているだけ。また、ピストンとシリンダー間の摩擦を低減するためにライニングをコーティングする「NANOSLIDE(ナノスライド)」技術を採用。この技術により、ライニングは鏡面のように摩擦が少なくなり、従来の灰色の鋳鉄製ライニングに比べ2倍の硬度を実現し、耐久性も向上している。このコーティングはAMG V8エンジンM156で初採用され、長年にわたって他のAMGエンジンの改良に使用されたほか、メルセデスAMGペトロナスF1チームのフォーミュラ1エンジンにも採用されている一流のシステムである。

もうひとつの特長は、2ステージのガソリン噴射だ。第1段階では、高速かつ高精度なピエゾインジェクターが、最大200barの圧力で燃料を燃焼室に送り込み、第2段階では、エンジンの高い比出力を実現するために、ソレノイドバルブによるインテークマニホールドダクト噴射がなされる。また、エンジンの高出力を維持するために、シリンダーヘッドは機械式の高性能ウォーターポンプで冷却し、クランクケースは電気式のウォーターポンプで冷却される。運転中はエンジン・コントロール・ユニットによって制御され、必要に応じて常にクランクケースを冷却することができるようになっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部