トヨタとKINTOが新たな実証を開始。アルファード/ヴェルファイア対象に協力ユーザーを募集

トヨタとKINTOがクルマをユーザーごとに“進化”させる提案を開始。アルファード/ヴェルファイアを対象に7月8日から協力ユーザーを募集

7月7日、トヨタとKINTOは両社によるサービス「KINTO FACTORY」を通じて、クルマを”進化”させる取り組みに初めて挑戦すると発表。7月8日から、アルファード/ヴェルファイアに乗っている方を対象に、協力ユーザーを募集し、実証をスタートさせる。

乗っているクルマのデータをもとに運転の特徴や個性をオンラインで診断。結果に応じて「KINTO FACTORY」の進化のメニューをユーザーごとに提案

トヨタとKINTOは今年1月より、ユーザーのクルマに技術革新や経年劣化に合わせてソフトウェア・ハードウェアの機能やアイテムをタイムリーに反映することで、最新の状態に“進化”させるサービス「KINTO FACTORY」を始めている。

こうした”進化”を、すべてのユーザーに一律ではなく一人ひとりに合わせて届けていくため、トヨタの技術で乗っているクルマのデータをもとに運転の特徴や個性をオンラインで診断し、その結果に応じて「KINTO FACTORY」の進化のメニューをユーザーごとに提案していく取り組みに、このたび初めて挑戦する。

この挑戦の実現に向けて、7月8日より実証をスタートさせる。具体的には、アルファードおよびヴェルファイアのユーザーに協力してもらい、コネクティッドサービス「T-Connect」を通じて、アクセルやブレーキ、ステアリングの操作やそれにかかる時間など、過去の運転のデータを収集し、特徴や個性を数値化。そのうえで、現状の運転に対する評価とアドバイスをまとめた診断結果「ドライブチェックレポート」をオンラインでユーザーに送り、結果に応じて進化のメニューを提案していく。

「ドライブチェックレポート」のイメージ

トヨタとKINTOでは、この実証の開始に合わせて、協力してもらえるユーザーの募集を開始する。募集概要は以下のとおりだ。

●募集概要
・予定数:100人
・募集期間:2022年7月8日正午より2カ月間(上記の予定数に達し次第、終了)
・応募にあたっての条件:「T-Connect」に加入のうえ、2020年1月以降に発売のアルファードおよびヴェルファイアのハイブリッド仕様に、現在お乗りいただいていること

〈運転診断の流れ〉
1.申込みフォームを通じて、氏名、メールアドレス、居住地域、車台番号などの個人情報を提出。
2.応募いただいたうち、協力をお願いするユーザーには、申込みから10日以内に「ドライブチェックレポート」を送付。
3.「ドライブチェックレポート」を受け取っていただいた後に、所定のアンケートに回答。回答を確認次第、以下の謝礼をメールにて送付。
〈謝礼〉
Amazonギフト券5000円分

※募集概要に関する問い合わせ先
トヨタ自動車株式会社 BR新モビリティビジネス準備室ドライブチェックモニター事務局
E-Mail xn_drivecheck@mail.toyota.co.jp

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部