グッドイヤーが米国ロッキード・マーティン社と共同で、商用事業用の月面探査車開発を発表!

グッドイヤーは、53 年前に人類初の月面着陸に成功したアポロ 11 号を象徴とする NASA のアポロ計画に重要な製品の供給を続けてきた。そして今回、グッドイヤーは、米国ロッキード・マーティン社(NYSE:LMT)と共同で月面探査車のタイヤ開発に参画することを発表した。クレーターに覆われ、極端な温度差とともに地球上の 6 分の 1 の重力という厳しい条件下での走行を可能にするタイヤ開発の伝統を継承し月面での探査を進めていくという。

アポロ計画以来、グッドイヤーは NASA とともに革新を続け、月面探査車用のタイヤ設計技術を進歩させてきた。今回の民間企業によるチームでは、月面における商用車事業を世界で初めて確立させる狙いがある。その中で、グッドイヤーは月面横断に欠かせない非常に重要なタイヤに関する幅広い知識と技術を提供する。

カーク・シャーマン氏(ロッキード・マーティン社 月探査計画担当バイスプレジデント)は以下のように述べている。
「月での持続的な滞在を目指す NASA のアルテミス計画においては、私たちが開発している有人または無人の月面探査車の必要性に疑問の余地はありません。私たちは、NASA や民間企業、あるいはその他宇宙開発機関などが利用できる新世代月面探査車の開発をしています。これは、NASA がこの領域の商業面で舵を取るということで、さらには、NASA が私たちの多くの顧客のひとつになることを意味しています。」

グッドイヤーは、マイクロモビリティ、自動運転シャトルや乗用車などに採用している高度なエアレスタイヤ技術を応用し、月面の厳しい条件下での走行を可能にするタイヤ開発に取り組んでいる。両社は既に月面土壌を想定したテストに着手している。

クリス・ヘルセル氏(グッドイヤー グローバルオペレーション担当兼最高技術責任者 シニアバイスプレジデント)は以下のように述べている。
「月面のような極端に厳しい環境下でも対応できるタイヤの開発から生まれる成果はすべて、地球上におけるより高性能なエアレスタイヤの開発に役立ちます。また、これは、どんな条件下でも移動を可能にするという私たちの最終的な目標に通じるものです。このような冒険とモビリティの世界に大きな一歩を踏み出せる偉大なパートナーとともに、その歴史を作っていくことは、私たちにとって重要であるとともに、大変光栄に思っています。」

アポロ計画の月面探査車は、着陸地点から 5 マイル以内で数日間の稼働を想定して作られたが、今後のミッションでは、極端な温度差で起伏の多い地形という過酷な環境のもと、はるかに長い距離を走行する必要がある。新しいタイヤは何年にもわたる耐久性を考慮し、さらに、日中の気温が 120°Cを超え、夜間にはマイナス 120°Cに達する極度の気温差にも耐える必要がある。

ロッキード・マーティン社は、NASA のアルテミス計画におけるオリオン級探査宇宙船や多くの火星探査宇宙船など、50 年以上にわたる NASA との共同開発による歴史を活用し、この成長するチームを率いている。また、同社はこのプログラムの商業事業運営の推進および NASA と世界の宇宙開発機関とのつながりを管理している。ロッキード・マーティン社はこれまでに、NASA による太陽系のすべての惑星探査を支援してきており、今後のミッションのための新しい技術の提供を続ける。

もう一つのチームメンバーであるカナダの MDA 社は近ごろ、彼らの商用ロボットアーム技術が有人の月面探査車に採用されることを発表した。このアームは、宇宙飛行士のサポートとして重要な貢献を提供するだけでなく、完全自動ミッションで、ローバーのより優れた機能を発揮させることができる。

チームは共同で、これまでにない新しい課題と市場アプローチに独自の視点と専門的知識を注ぎ込んでプロジェクトを推進している。2025 年に計画している NASA の着陸ミッションには、このチームの最初の探査機を導入する。この計画では、初の女性と有色人種の宇宙飛行士が月面に降り立つことになっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部