欧州自動車市場 最新の販売データではBEVは何%? ハイブリッドは? ディーゼルはどうなった?

FIGURE:ACEA
ACEA(欧州自動車工業会)が発表した2022年第2四半期のデータによると、EUではバッテリー電気自動車の販売が引き続き拡大し、乗用車登録台数の9.9%を占めた。ハイブリッドやディーゼルのシェアはどうなっているのだろうか?

2022年第2四半期(4-6月)、EUではバッテリー電気自動車の販売が引き続き拡大し、乗用車登録台数全体の9.9%を占めた。プラグインハイブリッド車は、販売台数が減少したものの、市場シェアは2021年第2四半期の8.4%から8.7%に上昇した。ガソリン車とディーゼル車はこの3カ月間で大きく落ち込み、シェア縮小につながった(ディーゼル車とガソリン車を合わせて55.8%)。

ガソリン車とディーゼル車

ガソリン車とディーゼル車はEU市場でシェアを落とし、2021年第2四半期の62.0%から今年第2四半期には55.8%に減少した。ガソリンの市場シェアは3ポイント以上低下し、総販売台数の38.5%。ディーゼルの市場シェアは乗用車登録台数全体の17.3%に低下した(2021年同期の20.2%から低下した)。

台数ベースでは、ガソリン車の販売台数はEU全域で22.2%減の90万9703台と急減した。ディーゼルはさらに急減し(27.7%減)、合計40万9174台となった。

代替動力車(APV=Alternatively-powered vehicles)

2022年第2四半期、EUにおけるバッテリー式電気自動車(BEV)の登録台数は11.1%増加し、販売台数は23万3413台となった。この地域の主要市場のうち、スペインとフランスは二桁の伸びを記録し、BEVの好業績に貢献した(それぞれ+22.0%と+18.6%)。一方、イタリアは大幅なマイナス(-19.6%)となり、ドイツはわずかなマイナス(-0.5%)となった。

プラグインハイブリッド車(PHEV)は、販売台数が2桁減少(-12.5%、20万6501台)したものの、市場シェアを拡大した。スペイン(+11.3%)を除き、すべての主要市場でPHEVの販売台数は減少した。フランス(-17.4%)、ドイツ(-16.9%)、イタリア(-6.9%)である。

欧州連合のハイブリッド車(HEV)販売台数は、第2四半期に2.2%減少した。しかし、従来型燃料車の販売が大幅に減少したため、HEVの市場シェアは全体として拡大した(22.6%)。この地域の4つの主要市場では、まちまちの結果となった。フランスとスペインは成長した(それぞれ+7.2%と+2.7%)。一方、イタリアとドイツは減少した(それぞれ-9.3%、-6.5%)。

天然ガス自動車(NGV)の登録台数は、EU全体で4983台となり、62.9%の大幅減となった。この減少は、同地域の販売台数の大半を占めるイタリアでの落ち込みが主な要因だ。一方、LPG車は増加(+7.9%)し、6万4152台となった。同地域の4大市場のうち3つが好調な伸びを示した。スペイン(+57.6%)、フランス(+21.9%)、ドイツ(+10.3%)です。一方、イタリアは減少した(-5.1%)。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部