新型軽EV「日産サクラ」の新車装着用タイヤに横浜ゴムの「ブルーアース-FE AR30」が採用

横浜ゴムはこのほど、日産自動車が6月16日に発売した新型軽の電気自動車「日産サクラ」の新車装着(OE)用タイヤとして、「BluEarth-FE AE30(ブルーアース・エフイー・エーイーサンマル)」の納入を開始したと発表した。装着サイズは155/65R14 75S。

優れた低燃費性能とともに、静粛性や快適性、乗り心地、ロングライフなどの基本性能をハイレベルでバランスさせた低燃費スタンダードタイヤ

横浜ゴムは、日産自動車の新型軽電気自動車「日産サクラ」の新車装着(OE)用タイヤとして、「BluEarth-FE AE30(ブルーアース・エフイー・エーイーサンマル)」の納入を開始した。装着サイズは155/65R14 75S。
ブルーアース-FE AE30は、「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとしたグローバルタイヤブランド「BluEarth」の低燃費スタンダードタイヤ。優れた低燃費性能を発揮するとともに、静粛性や快適性、乗り心地、ロングライフなどの基本性能をハイレベルでバランスさせている。

日産サクラは、100%電気で走るまったく新しい軽の電気自動車。軽自動車独自の小回り性能に加え、日産リーフの開発で培った技術をフル投入した電気自動車ならではの静粛性や力強くなめらかな加速を提供する。また、軽自動車として初搭載の先進運転支援技術「プロパイロット パーキング」などが、生活に寄り添いながらも運転する楽しみをもたらし、毎日のクルマとの生活にワクワク感を届ける。コンパクトなボディを維持しながらも、通勤や買い物など、日常のドライブに十分な航続距離と広々とした室内空間を確保し、手の届きやすい価格帯で、より電気自動車を身近に感じられる一台だ。

横浜ゴムは先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「BluEarth」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部