「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】 | 6枚目の写真(全6枚)

「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の1枚目の画像 海自ミサイル艇「はやぶさ」型4番艇「くまたか」。「はやぶさ」型は艇尾に対艦ミサイル4発を搭載、沿岸の基地を発進し高速で遠距離を駆け、相手を迎撃する。写真/海上自衛隊
「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の2枚目の画像
「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の3枚目の画像
「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の4枚目の画像
「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の5枚目の画像
「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像 200402-N-WP865-2084 ANDAMAN SEA (April 2, 2020) The Independence-variant littoral combat ship USS Gabrielle Giffords (LCS 10), bottom, conducts maneuvering drills with Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF) Akizuki-class destroyer JS Teruzuki (DD 116) during bilateral operations, April 2, 2020. Gabrielle Giffords, part of Destroyer Squadron Seven, is on a rotational deployment, operating in the U.S. 7th Fleet area of operations to enhance interoperability with partners and serve as a ready-response force. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Brenton Poyser/Released)
  • 「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「「新哨戒艦整備計画」狙いは中国の進出に備える島嶼防衛だ【自衛隊新戦力図鑑|海上自衛隊】」の6枚目の画像ギャラリーへのリンク