三菱自動車とMIRAI-LABOが電動車の使用済みバッテリーを用いた自立型街路灯の開発を検討開始

三菱自動車とMIRAI-LABOはこのほど、電動車の使用済みバッテリーを用いた自立型街路灯の開発検討を開始すると発表した。

外部からの給電を必要としない自律型のソーラー街路灯のため、災害時や停電発生時にも消灯することなく街路灯の機能を発揮。2023年度以降に自治体や企業との実証を通じて提供していく予定

三菱自動車とMIRAI-LABOは、電動車の使用済みバッテリーを用いた自立型街路灯の開発検討を開始した。
現在、多くの自治体や企業が取り組む2050年のカーボンニュートラル実現に向けた活動において、電動車の活用は不可欠と言える。しかし電動車の普及拡大に伴い、使用済みリチウムイオンバッテリーが増え続けることが想定されている。また、使用済みバッテリーのなかには、他の用途であれば十分に活用できる充電容量を残しているものがあり、省資源などの観点から、使用済みバッテリーをリユース・リパーパスする具体策の創出が課題だ。

それらの課題解決に向けて、世界初の量産電気自動車メーカーである三菱自動車のリチウムイオンバッテリー車載技術と、MIRAI-LABOの強みであるバッテリー制御システムなどのノウハウを生かし、このたび、使用済みバッテリーを活用した自律型街路灯の開発検討を開始した。

三菱自動車は、駆動用リチウムイオンバッテリーのリユース・リパーパスの可能性を確認するため、従前より岡崎製作所に設置した大規模太陽光発電設備とあわせ、アウトランダーPHEVの使用済みバッテリーを活用した蓄電システムを設置するなど、実証を行ってきた。

一方MIRAI-LABOは、同社が保有する電位差のあるバッテリーを無瞬断で切り替えることができるMBMS(Multiple Battery Management System:複合バッテリー制御システム技術)を駆使し、様々な製品展開と環境に配慮したサステナブルな自律型MaaS社会(※)の構築を促進してきた。
※再生可能エネルギーと蓄電システムの組み合わせによって、商用電源に依存せず、自律型のエネルギーインフラによりサービスを継続提供する新しいMaaSの形のこと

両社は、リチウムイオンバッテリーのリユース・リパーパスを含めたサーキュラーエコノミー(※)の実現に挑戦していくとともに、カーボンニュートラル実現に不可欠な電動車拡大と再生可能エネルギー拡大に貢献していく。
※従来の3R(リデュース/リユース/リサイクル)の取り組みに加え、資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動のこと

開発する自律型街路灯は、電動車の使用済みバッテリーとリサイクルスチールを使用し、系統からの電力や地中配線など外部からの給電を必要としない自律型のソーラー街路灯。そのため、災害時や停電発生時にも消灯することなく街路灯の機能を発揮する。また使用済みバッテリーを採用することで、バッテリー製造時に排出する二酸化炭素を削減できるため、カーボンニュートラルへのより高い貢献が期待されている。開発は今年度中に行われ、2023年度以降に自治体や企業との実証を通じて提供していく予定だ。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部