市販ドラレコも、いざ通信機能を前提に!

市販ドラレコも通信機能が前提に!「最新ドラレコを読み解くキーワード」〜クラウド利用〜

COMTEC『ZDR059)(実勢価格:7万3480円)
一部業務用ではスタンダードになりつつある、通信機能を前提にした市販ドラレコでもいざ本格販売を開始。そこで得られる、通信ありきのアドバンテージとは何か?

みまもり機能も高度化かつ充実

クラウドという言葉が一般的になつつあるなか、ついに市販の後付けドライブレコーダーにもこの概念が適用される。一部の業務用などではすでに採用されていたものの、一般カーユーザー向けにはまだまだ縁遠かったハードルながら、ここに来て、一気にそれを越えつつある。

なかでも、より注目に値するのが、人気ブランドのコムテックが送り出す『ZDR059』だ。サブスク的なサービス提供の一環としてではなく、あくまでハイエンドな市販機器としてリリースされ、新し物好きがにとっても見逃せない要素に満ちている。 

360度式のフロントカメラに加え、リヤカメラも標準で備える高次元のハードウェアには、あらかじめシムカードがを搭載している。これを利して使われるのが4Gによる通信網。録画映像をクラウドに保存できるだけでなく、複数人でその映像を共有することもできる。  

しかもこの共有情報には、起動と終了のタイミングに加え、GPSによる位置情報や駐車時の監視映像も含まれる。自車の管理もさることながら、家族のカーライフをみまもる上でも役立てられるというわけだ。  

付け加えれば、通信機能を使っての音声通話も可能になり、声掛け等のみまもり機能が充実するのはもちろんのこと、駐車時のイタズラ被害が発生しているような場面でも、ドライブレコーダーを介して直接メッセージを伝えることも可能になる。  

もちろん、クラウド使用にあたってはデータ通信プランへの契約が必要になるものの、最初の利用期間1年間は無料で済み、それ以降も1年あたり4900円と額面そのものはスマートフォンアプリと同等程度に抑えられる。  

通話可能とするプランこそ、そのコストは年1万4900円と値は張るものの、それでも通信契約のひとつとして考えれば良心的な部類に入る。

専用スマホアプリも充実し、その能力はマルチに広がる。より高度な電子機器として、なかなに骨太な一台とも言える。安心感はもちろんのこと、その先進性にも注目だ。

各種の設定変更はもちろん、映像やGPS情報の確認も専用のスマホアプリで思うがまま。
専用に用意されるパソコン用のビューワーソフトでは、より詳細なデータ解析も可能になる。

著者プロフィール

CarGoodsMagazine 近影

CarGoodsMagazine

20世紀創刊!市販唯一のカー用品専門月刊誌
1999年に季刊誌として創刊後、好評を元に月刊化。当時より続…