SUV風スーパーハイト軽の元祖は車中泊も快適「スズキ・スペーシアギア」【最新軽自動車 車種別解説】

スズキのスーパーハイトワゴン「スペーシア」をクロスオーバーSUVテイストに仕上げた「スペーシアギア」。エクステリア、インテリアともアウトドア好きに向けた遊び心を取り入れながら、特にターボモデルでは乗り心地はしっとりしなやか。荷室も大開口低床となれば、よりアクティブにマルチ「ギア」になるだろう。
REPORT:青山尚暉(本文)/小林秀雄(写真解説) PHOTO:神村 聖 MODEL:菅原樹里亜

室内は快適装備&機能を備え 車中泊にも対応する広大空間

ワゴンRと並び、今ではスズキのドル箱モデルとなっているのがスーパーハイト系軽自動車であり、全車マイルドハイブリッドとなったスペーシア。標準車とエアロ系のカスタムのほか、今ではアウトドアに似合うクロスオーバーSUVテイストのスペーシアギアが加わっている。ハスラー同様、思わず海へ、山へ出掛けたくなるよりアクティブでマルチパーパスな〝ギア〞というわけだ。

エクステリア

アクティブな印象のグリルやサイドアンダーガーニッシュなどを標準装備。ホイールのデザインは写真のものから変更され、よりスポークが強調されたものへとイメチェンされた。最小回転半径は4.4m。

スペーシアとの違いは、エクステリアでは専用の丸形ヘッドライト、フロントグリル、前後バンパー、ルーフレールなど装備類。インテリアではメーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフにしたメタリックなインパネアッパーボックスを採用。アウトドアテイスト&遊び心満点の世界を演出している。また、ホワイトのルーフ、ドアミラー、ホイール、サイドパネルによるツートーンカラーが施された、ワイルドさを抑えた特別仕様車のMY STYLEも加わっている。

乗降性

ただし、最低地上高はハスラーの180mmに対して、スペーシアの標準車と同じ150mm。ハスラーのような悪路に強い走行性能はもち合わせていない、見た目重視のクロスオーバーモデルなのである。とはいえ、運転席まわりはギア感あるもので、専用撥水ファブリックシート、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面を採用。アウトドアユーザ ーに響くに違いない。後席でも一年中、快適なドライブが楽しめる天 設置のスリムサーキュレーター、ワンアクションパワースライドドアといったスペーシアならではの快適装備、機能はそのまま継承されている。

インストルメントパネル

収納にツールボックスを思わせるデザインを採用するなど、道具っぽさを演出。内装の加飾も変更され、インパネカラーはマットブラック、メーターリングはグリーンになった。

スーパーハイト系軽自動車ゆえに、室内空間は広大そのもの。身長172cmの筆者のドラポジ基準で150mmスライドする後席に座れば、頭上に28cm、膝まわりに最大約34cmものスペースがある。ハスラーが同約13cm、最大27cmだから、その差は歴然。車中泊にも対応する。

居住性

走行性能はスペーシアそのものだ。特にアウトドアライフのための遠出も楽々になるターボモデルともなれば、乗り心地はしっとりしなやかで快適そのもの。段差や荒れた路面でもショックの角は丸められ、終始フラットかつ上質な乗り味を披露。

うれしい装備

後席右側には折り畳み式のパーソナルテーブルを標準装備。 ドリンクホルダー二個とショッピングフック三個が備わり物を置くのにも便利。

月間登録台数   7452台 スペーシア、スペーシアカスタムを含む (21年8月〜22年1月平均値)
現行型発表    18年12月(一部改良 21年12月)
WLTCモード燃費  21.2km/l ※「ハイブリッド XZ」のFF車

ラゲッジルーム

動力性能にしても、ターボエンジンとマッチングの良いCVT+マイルドハイブリッドの相乗効果でトルキーかつパワフル。巡航中を含めエンジンが低い回転数を保つため、車内は速度に関わらず軽自動車らしからぬ静かさをキープ。カーブや山道では、意外なほど低重心感のある安定感たっぷりのフットワークを見せつけてくれるのだから、安心・安全だ。パドルシフトも備わり、スピードコントロールがしやすく、走りやすさも抜群と言っていい。一方、自然吸気モデルは街乗りメインのキャラクター。2名乗車でも動力性能はギリギリという印象ではある。ちょっと残念なのは、ACCは備わるものの、その機能を高めるタントやN-BOX、ルークスなどに用意される電子パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能が、スペーシアだけ未採用であることだ。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.140「2022年軽自動車のすべて」の再録です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/140/

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部