スバル アイサイト搭載車、14年間で世界累計販売台数500万台を達成!

SUBARUは、運転支援システム「アイサイト」搭載車の世界累計販売台数が、2022年6月に500万台を達成したと発表した。2008年5月に日本で発売して以来、14年1カ月での達成となった。

アイサイト搭載車が500万台を達成。AI技術を加速させ安全性の向上を目指す。

スバルの運転支援システム「アイサイト」搭載車の世界累計販売台数が、2022年6月に500万台を達成した。2008年5月に日本で発売して以来、14年1カ月での達成となる。

アイサイトは、世界で初めてステレオカメラのみで、自動車だけでなく歩行者、二輪車までも対象としたプリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付クルーズコントロール等を実現したシステムで、現在、SUBARUの世界販売に占めるアイサイト搭載車の比率は約91%に上る。

アイサイトは、日本、米国、欧州をはじめとする世界の第三者機関の安全性能評価において常にトップクラスの評価を獲得するとともに、日本国内の事故件数調査でアイサイト(ver.3)搭載車の追突事故発生率は0.06%、また、米国IIHSの調査では、アイサイト搭載で負傷を伴う追突事故が85%低減される効果が示されるなど、ステレオカメラの優れた認識性能を強みにSUBARUの予防安全性能向上を支えてきた。

スバルの車載用ステレオカメラ開発の歴史は1989年以来、30年以上に上る。ステレオカメラ技術を核にアイサイトは進化を続け、2020年の新型レヴォーグで初採用された新世代アイサイトでは、視野を大幅に広げた新開発のステレオカメラと画像認識ソフト・制御ソフトの改良を組み合わせることで、より幅広いシチュエーションの運転支援が可能となった。さらに日本では、新開発ステレオカメラに前後4つのレーダーや高精度地図ロケーターなどを組み合わせた高度運転支援システム「アイサイトX」を展開。車線変更支援、カーブ前速度制御、渋滞時ハンズオフアシストなど、自動車専用道路をより安全・快適に移動できる最新機能を提供している。

また、SUBARUは2020年にAI開発拠点「SUBARU Lab(スバルラボ)」を渋谷に開設し、ステレオカメラ技術にAIの判断能力を融合させることで安全性をさらに向上させる研究開発を進めている。

アイサイト搭載車は運転負荷を最大で6割軽減すると発表

また、スバルは米航空宇宙局(NASA)が開発した指標に基づく調査で、アイサイトの搭載車は非搭載車に比べ、ドライバーが運転中に感じる身体負荷などを最大で6割軽減するとの調査結果を発表した。渋滞時で61%、順調に走行している時で46%減少するという。高速道路などで追従走行や車線維持機能が運転負荷が下軽減し安全運転や事故減少につながるとしている。
スバルは30年までにスバル車が関わる交通事故死をゼロにすることを目標として掲げている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部