ボルボ「V60」に462psのパフォーマンスコンシャスな特別モデルが登場!

ボルボV60リチャージ・ポールスターエンジニアード
ボルボ・カー・ジャパンはこのほど、ミドルクラスエステートのボルボV60に2台の特別なモデルを設定し、9月1日に発売した。特別限定車「V60リチャージ・ポールスターエンジニアード(限定150台/税込969万円)」と、特別仕様車「V60アルティメットB4ダークエディション(税込639万円)」だ。

V60リチャージ・ポールスターエンジニアードは今回導入の限定150台で販売終了

ボルボはミドルクラスエステートのボルボV60に2台の特別なモデルを設定し、9月1日に発売した。特別限定車「V60リチャージ・ポールスターエンジニアード(限定150台/税込969万円)」と、特別仕様車「V60アルティメットB4ダークエディション(税込639万円)」だ。

V60リチャージ・ポールスターエンジニアード

V60リチャージ・ポールスターエンジニアードは、前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッドパワートレインを搭載するV60リチャージのハイエンドモデル。

V60リチャージ・ポールスターエンジニアード
V60リチャージ・ポールスターエンジニアード

ボルボ60シリーズで唯一、最もパワフルなT8 AWDパワートレインを搭載し、合算参考出力は462ps(317ps /400Nm+145ps/309Nm)という圧倒的なパワーを発揮する。容量18.8kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーによってEV走行換算距離(等価EVレンジ)は87kmを達成し、ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)は15.2km/ℓを実現。高次元の走行性能と優れた環境性能を両立させるとともに、プラグインハイブリッド車ならではの高い静粛性と快適性も実現している。

V60リチャージ・ポールスターエンジニアード
V60リチャージ・ポールスターエンジニアード
V60リチャージ・ポールスターエンジニアード

一方、V60アルティメットB4ダークエディションは、2.0ℓ直列4気筒ターボエンジン(197ps/300Nm)に7速DCT(7G-DCT)と48Vハイブリッド(モーターは14ps/40Nmを発揮)を組み合わせたB4パワートレインを搭載する前輪駆動モデル。

V60アルティメットB4ダークエディション
V60アルティメットB4ダークエディション

エクステリアのデザインテーマはブラック。フロントグリルやサイドウインドウフレーム、ドアミラーカバーなどがグロッシーブラックとなり、ダイナミックな走りのイメージを高めている。そして、より俊敏な走りを生み出すスポーツサスペンションが与えられ、このエクステリアにマッチしたパフォーマンスを実現しているのが特徴だ。

V60アルティメットB4ダークエディション

インテリアでは、ベンチレーションやリラクゼーション機能を有するナッパレザーシートや、オレフォス社製クリスタルシフトノブなど、北欧ならではのラグジュアリーを体現している。

V60アルティメットB4ダークエディション
V60アルティメットB4ダークエディション
V60アルティメットB4ダークエディション

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部