2022年ディスプレイオーディオおすすめランキング10選|人気&評判

この記事では、ドライバーから人気のディスプレイオーディオおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

大きなディスプレイに音楽の曲名やアーティスト名、CDジャケットのアートワークを大きく表示してくれるから見やすさ抜群。動画も映し出せるし、スマートフォンと連携した機能を持っているディスプレイオーディオ。いま人気の最新カーオーディオの情報をまとめました。

※おすすめ選定は価格コム「カーオーディオ 人気売れ筋ランキング」を参考

ディスプレイオーディオとは

ディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオとは、大きなディスプレイを持つAVメインユニット、もしくはヘッドユニットと呼ばれるカーオーディオプレーヤーです。一見するとAVカーナビユニットのように見えますが、入っている機能は音楽/動画再生機能、情報表示ディスプレイ、アンプなど、カーナビ機能そのものだけが省かれています。

代わりにスマートフォンとの高い連携機能を持ち、スマートフォンの地図アプリ画面やカーナビアプリ画面を表示可能。常に最新の地図情報が表示できますし、歩いているときや電車移動中に使い慣れたアプリと同じ操作ができるメリットが注目されています。

社外品のディスプレイオーディオに交換する時の注意点

多くのディスプレイオーディオは、自動車のセンターコンソールに備わるカーオーディオヘッドユニット/AVカーナビユニットを収める部分に組み込んで使用します。そして多くのディスプレイオーディオは、2Dinサイズという正方形に近い横長の形状をしています。

ディスプレイオーディオを自動車にインストールするには、自動車側のセンターコンソールに2Dinサイズのスペースが用意されている必要があります。また自動車メーカーごとに異なる接続ハーネスがオプションとして用意されていなければなりません。

1Dinサイズのスペースしかない、もともと社外品をとりつけられるスペースがない、メーカー用ハーネスがなくても改造・ワンオフ作成すれば設置できますが、加工費が高くなります。

ディスプレイオーディオのタイプ・種類

ディスプレイオーディオ

ここでは、いくつかのタイプがあるディスプレイオーディオの種類をご紹介します。皆さんのカーライフとマッチしたディスプレイオーディオを探すときの手がかりとしてください。

ポイント

  • スマホ連携タイプのディスプレイオーディオ
  • OS搭載タイプのディスプレイオーディオ

スマホ連携タイプのディスプレイオーディオ

もっともポピュラーなのが、スマートフォンとの連携機能を持つディスプレイオーディオです。iPhoneと接続できるApple CarPlay、Androidと接続できるAndroid Autoといった機能を持ち、有線接続またはワイヤレスでスマートフォンにインストールしたアプリの画面をディスプレイオーディオの画面に表示できます。SiriやGoogleアシスタントにも対応しています。

OS搭載タイプのディスプレイオーディオ

Android OSを搭載しているディスプレイオーディオもあります。自動車にAndroidスマートフォンをまるごと載せた状態になり、通信機能を活かしてGoogle playなどのストアからストリーミングアプリなど、お好きなアプリを選んでインストールできます。Androidスマートフォンとの連携機能も持ちます。

ディスプレイオーディオの選び方【5つのポイント】

ディスプレイオーディオ

魅力的なモデルが揃っているディスプレイオーディオ。それぞれのモデルが持つ特徴を5つのポイントにわけて解説します。ベストな1台を求めるための選び方をご紹介しましょう。

ポイント

  • 1Dinか2Dinか取り付け形状で選ぶ
  • モニターサイズは大きい方がいい
  • スマートフォンとの接続方法をチェック
  • 対応アプリの機能/操作性で選ぶ
  • 外部端子があれば拡張性が高い

1Dinか2Dinか取り付け形状で選ぶ

センターコンソールのカーオーディオまたはカーナビユニットを埋め込む部分に装着するディスプレイオーディオ。多くのモデルは2Dinサイズとなっていますが、一部に1Dinサイズのモデルもあります。

皆さんの愛車のセンターコンソールに2Dinのスペースがあるなら、1Dinサイズ、2Dinサイズ両方のディスプレイオーディオが選べます。しかし1Dinサイズのスペースしかなければ、1Dinサイズのディスプレイオーディオを選ぶことになります。

モニターサイズは大きい方がいい

ディスプレイオーディオのディスプレイの大きさは6~10インチのものが主流となります。タッチスクリーンを採用しているものが多く、指先でディスプレイに触れて操作をするため、ディスプレイサイズが大きければ大きいほど操作がしやすくなります。

ただし7インチを超えるディスプレイオーディオのディスプレイは本体内蔵型ではなく、外部に飛び出ているものが大半です。ディスプレイオーディオ本体の上または下にはみ出ているため、センターコンソールに備わる他のスイッチ類が操作しにくくなる危険性があります。

スマートフォンとの接続方法をチェック

スマートフォンと連携することで、カーナビなどの機能を持たなくても十分な機能性を発揮するディスプレイオーディオ。スマートフォンとの接続方式によっても使い勝手が変わります。

有線接続タイプは、フロントシートの近くにスマートフォンを置く場所があるのであれば問題ありません。接続しながら充電できるメリットもあります。無線接続タイプは、リアシートに座る同乗者のスマートフォンとも気軽に接続できます。

対応アプリの機能/操作性で選ぶ

スマートフォンとディスプレイオーディオを繋げるために必要になるのが対応アプリです。対応アプリを用いて接続するとディスプレイオーディオの画面にスマートフォンアプリのアイコンが表示されるので、使用したい機能のアイコンをタップして起動します。

カーナビ機能、音楽再生機能、電話やボイスチャット、メッセージの送受信といった機能は多くのディスプレイオーディオの対応アプリでカバーしています。それ以上の機能を求めたいのであれば、ディスプレイオーディオのWEBサイトで詳細をチェックしましょう。

外部端子があれば拡張性が高い

ディスプレイオーディオのなかにはいくつかの外部入力端子を備えている、もしくはオプションで備えられるモデルがあります。一例として挙げられるのは、赤白コードと呼ばれる音声ケーブルを接続できるRCA端子、そして黄色い端子色のコンポジット端子です。コンポジット端子には映像信号を送り込むことができます。

一部のモデルには映像/音声信号を1本のケーブルで送り込めるHDMI端子に対応しています。ゲーム機やパソコンと接続するときに便利です。

ディスプレイオーディオおすすめランキング10選

以下では、ドライバーに人気のディスプレイオーディオおすすめ製品をランキング形式で紹介します。

おすすめ1位:パイオニア カロッツェリア FH-8500DVS

パイオニア カロッツェリア FH-8500DVS

CD/DVDドライブを持ったディスプレイオーディオ。USBメモリやポータブルHDDに保存した音楽/動画ファイルの再生も可能です。オーディオのクオリティにこだわるパイオニア製ゆえに、CDを超える音質のハイレゾ音源にも対応しています。スマホアプリと連携する場合は、iPhone、Androidと有線ケーブルで接続します。

メーカー パイオニア
製品名 FH-8500DVS
取付形状 2DIN
接続方法 Bluetooth、USB、AUX
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto
外部端子 USB、AUX、AV入力
モニターサイズ 6.78インチ
本体サイズ 178×100×164mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト パイオニア公式サイト

おすすめ2位:パイオニア カロッツェリア DMH-SF700

パイオニア カロッツェリア DMH-SF700

本体サイズは1Dinですが、9インチというタブレットクラスの大画面を持つディスプレイオーディオ。WEBブラウザを表示しても見やすいし、アプリで提供されていないネット上のコンテンツも再生できます。外部接続端子にHDMI、そしてUSBがあるため、ニンテンドーSwitchのようなゲーム機を接続して、ゲーム画面として使うことも可能です。

メーカー パイオニア
製品名 DMH-SF700
取付形状 1DIN
接続方法 Bluetooth、Wi-Fi、USB
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto、Amazon Alexa
外部端子 USB、AV入力、HDMI
モニターサイズ 9.0インチ
本体サイズ 178x50x165mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト パイオニア公式サイト

おすすめ3位:パイオニア カロッツェリア DMH-SZ700

パイオニア カロッツェリア DMH-SZ700

2Dinサイズで6.8インチのディスプレイは本体組み込み型。Amazon Alexa対応で、「アレクサ、音楽をかけて」というだけで音楽再生がスタート。スマートフォン接続時はiPhoneのSiriやAndoridのGoogleアシスタントも利用可能です。手を触れずに操作できるハンズフリー対応製品です。

メーカー パイオニア
製品名 DMH-SZ700
取付形状 2DIN
接続方法 Bluetooth、Wi-Fi、USB
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto、Amazon Alexa
外部端子 USB、AV入力、HDMI
モニターサイズ 6.8インチ
本体サイズ 178×100×87mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト パイオニア公式サイト

おすすめ4位:ケンウッド カーオーディオ DDX5020S

ケンウッド カーオーディオ DDX5020S

スマートフォンとUSBケーブルで繋げることで、スマートフォンの画面を表示できるUSBミラーリングに対応した6.8インチのディスプレイオーディオ。DVD/CDドライブも備わっており、再生するコンテンツは自由自在です。

リアビューカメラと接続すれば、駐車場入れのときなどに後ろの様子を撮影して表示可能。表示位置を調整できるガイド線も合わせて映し出せるので、安全に駐車が可能です。

メーカー ケンウッド
製品名 DDX5020S
取付形状 2DIN
接続方法 Bluetooth、USB、AUX
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto
外部端子 USB、AUX
モニターサイズ 6.8インチ
本体サイズ 151.8×79.7mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト ケンウッド公式サイト

おすすめ5位:パイオニア カロッツェリア FH-6500DVD

パイオニア カロッツェリア FH-6500DVD

CD、DVD、ハイレゾ音源やフルHD動画など、様々なコンテンツが再生できるディスプレイオーディオ。運転席から前2ch、後ろ2ch、そしてサブウーファーの5つのスピーカーの距離を入力することで、タイミングを細かくコントロールして立体的な音楽再生が可能になるタイムアライメント機能など、高音質を提供するための機能が豊富に投入されています。

メーカー パイオニア
製品名 FH-6500DVD
取付形状 2DIN
接続方法 Bluetooth、USB、AUX
対応アプリ
外部端子 USB、AUX、AV入力
モニターサイズ 6.8インチ
本体サイズ 178×100×164mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト パイオニア公式サイト

おすすめ6位:アルパイン 9型 ディスプレイオーディオ フローティングビッグ DA DAF9Z

アルパイン 9型 ディスプレイオーディオ フローティングビッグ DA DAF9Z

シャープで明瞭感の高い音楽再生を可能とするフルデジタルアンプを搭載。2Way、3Wayスピーカーの発声周波数帯を調整できるクロスオーバーや、スピーカーの発声タイミングを調整できるタイムコレクション機能など、高音質な音楽再生実現のための機能が盛りだくさん。1Dinサイズのボディとは思えないほどの多機能性を誇ります。

メーカー アルパイン
製品名 DA DAF9Z
取付形状 1DIN
接続方法 Bluetooth、Wi-Fi、USB
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto
外部端子 USB、HDMI、AUX
モニターサイズ 9.0インチ
本体サイズ 232.5×151.1×54.7mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト アルパイン公式サイト

おすすめ7位:アルパイン 7型 ディスプレイオーディオ DA7Z

アルパイン 7型 ディスプレイオーディオ DA7Z

外部入力端子はRCA/コンポジットのほかに、HDMI端子を装備しているディスプレイオーディオ。HDMI接続のストリーミングメディアプレーヤーと接続することで、ネット上のコンテンツの大多数も再生できる性能が手に入ります。Apple CarPlay / Android Autoの両方にも対応しているから、接続するスマートフォンを選びません。

メーカー アルパイン
製品名 DA7Z
取付形状 1DIN
接続方法 Bluetooth、Wi-Fi、USB
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto
外部端子 USB、HDMI、AUX
モニターサイズ 7.0インチ
本体サイズ 171×96×17.7mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト アルパイン公式サイト

おすすめ8位:アルパイン 11型 ディスプレイオーディオ フローティングビッグ DA DAF11Z

アルパイン 11型 ディスプレイオーディオ フローティングビッグ DA DAF11Z

1Dinサイズだから装着できる車種が多い。その上、11インチもの超大画面を扱えるハイエンドディスプレイオーディオ。ディスプレイは最大65度の範囲で見やすい角度に調整可能。また上下位置も最大45mmのなかから5段階で選べます。センターメーターの車種でも使いやすいようにセッティング幅が広いというセールスポイントに注目です。再生できるコンテンツの種類や、フルデジタルアンプによる高音質も魅力となっています。

メーカー アルパイン
製品名 DA DAF11Z
取付形状 1DIN
接続方法 Bluetooth、Wi-Fi、USB
対応アプリ Apple CarPlay、Android Auto
外部端子 USB、HDMI、AUX
モニターサイズ 11.0インチ
本体サイズ 268.9×178×54.7mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト アルパイン公式サイト

おすすめ9位:ケンウッド カーオーディオ DDX4190BT

ケンウッド カーオーディオ DDX4190BT

画面サイズはスマートフォンクラスの6.2インチと小さめはものの、実勢価格が安く導入しやすいディスプレイオーディオ。ディスプレイの周囲にホームボタン、メニューボタン、音量ボタンなどが備わっており、誰でも操作しやすいユーザーインターフェースを採用しました。スマートフォンとBluetoothで接続しているときはハンズフリー通話が可能に。運転中も会話を楽しめます。

メーカー ケンウッド
製品名 DDX4190BT
取付形状 2DIN
接続方法 Bluetooth、USB
対応アプリ
外部端子 USB、AUX
モニターサイズ 6.2インチ
本体サイズ 137.5×77.2mm
価格(税込) オープン価格
公式サイト ケンウッド公式サイト

おすすめ10位:青木製作所 スマホランチャー(ディスプレイオーディオ) AMEX-SL01a

青木製作所 スマホランチャー(ディスプレイオーディオ) AMEX-SL01a

本体にスマートフォンと同じAndroid OSを導入したディスプレイオーディオ。約10GBのフリーに使えるストレージを活かして好みのアプリをインストールしたり、多くの写真、動画を保存しておけます。RCA/コンポジットの外部入力端子に加えて、映像を出力できる端子もあり、リアシート側にモニターを設置すれば、どのシートに座っても同じコンテンツを見て楽しめます。

メーカー 青木製作所
製品名 AMEX-SL01a
取付形状 2DIN
接続方法 Bluetooth、Wi-Fi、USB
対応アプリ
外部端子 USB、RCA
モニターサイズ 7.0インチ
本体サイズ 178×100×133mm
価格(税込)
公式サイト 青木製作所公式サイト

ディスプレイオーディオおすすめ製品の価格比較表

ディスプレイオーディオ 価格
パイオニア カロッツェリア FH-8500DVS オープン価格
パイオニア カロッツェリア DMH-SF700 オープン価格
パイオニア カロッツェリア DMH-SZ700 オープン価格
ケンウッド カーオーディオ DDX5020S オープン価格
パイオニア カロッツェリア FH-6500DVD オープン価格
アルパイン 9型 ディスプレイオーディオ フローティングビッグ DA DAF9Z オープン価格
アルパイン 7型 ディスプレイオーディオ DA7Z オープン価格
アルパイン 11型 ディスプレイオーディオ フローティングビッグ DA DAF11Z オープン価格
ケンウッド カーオーディオ DDX4190BT オープン価格
青木製作所 スマホランチャー(ディスプレイオーディオ) AMEX-SL01a

【Q&A】ディスプレイオーディオについて多い質問

以下では、ディスプレイオーディオについて多い質問・疑問に回答します。

Q&A

  • メーカー純正ナビと比べてのメリットは?
  • スマホのような通信機能は入っているのでしょうか?
  • スマホで通信制限かかっているときは使えるの?

Q. メーカー純正ナビと比べてのメリットは?

なんといっても安い、ということに尽きます。メーカー純正ナビがオプションの場合、車両価格に加えて10~20万円を超えるオプション料金が必要となりますが、ディスプレイオーディオは本体価格2万円からと装着工賃のみで導入できます。しかも地図データの更新機能はかかりません。ナビ機能はスマートフォンにまかせたいという人にとってはお得です。

Q. スマホのような通信機能は入っているのでしょうか?

答えは基本的にNoです。通信機能を導入すると回線契約が必要になりコスト高となってしまうことから、あえて機能を組み込んでいないように設計されています。

代わりにスマートフォンと接続することで、スマートフォン側の通信機能を使用できるモデルはあります。この際にテザリングという機能を使います。詳しくは契約している通信キャリアのショップでお尋ねください。

Q. スマホで通信制限かかっているときは使えるの?

スマートフォンのモバイル回線を用いた機能を使うことはできます。しかしデータの読み込み速度は極めて遅く、ストリーミング音楽サービスの場合は次の曲を再生するまでに数秒~十数秒を待たなくてはいけないこともあります。Googleマップやカーナビアプリの画面表示も遅くなります。快適な状態のまま使いたいなら、通信プランの見直しを考えましょう。

ディスプレイオーディオは口コミ・評判も参考に購入しよう

価格が安くて導入しやすい。しかし音楽再生の機能はハイエンドクラス。そんなディスプレイオーディオが気になってきた方もいるでしょう。愛車に装着しているカーナビが古くなって来たという方も注目するべき最先端カーオーディオでもあります。もし導入することを考えたのであれば、ネットで製品名を検索してユーザーの口コミや評判を調べてみましょう。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部