三菱が欧州向けコンパクトSUV 新型「ASX」(日本名:RVR)を発表。発売は2023年3月予定。

三菱自動車の欧州事業統括会社であるミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイ(MME)はこのほど、欧州市場向けの新型コンパクトSUV「ASX」をオンライン発表会で世界初披露した。

1.6ℓエンジンに2モーターを組み合わせるPHEVやHEVのほか、1.3ℓや1.0ℓのガソリンターボを設定

三菱自動車の欧州事業統括会社であるミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイ(MME)は、欧州市場向けのコンパクトSUVである新型「ASX」をオンライン発表会で世界初披露した。

ASXはグローバルに幅広く展開する三菱自動車の主力車種で、欧州では2010年から販売されてきた。今回、アライアンスパートナーであるルノーより欧州市場向けにOEM供給を受ける新型ASXは、ルノー・日産・三菱自動車アライアンスによるCMF-Bプラットフォームを採用したコンパクトSUVで、スペインのルノー社バリャドリード工場で生産され、2023年3月より同社の販売ネットワークを通じて欧州の一部市場で販売がスタートする。

新型ASXは、フロントからリヤへと流麗なシルエットとし、後方にむかって切れ上がるキャラクターラインとフローティングルーフを採用することによって、軽快な走りを予感させる躍動感のあるスタイリングを実現している。フロントでは、三菱自動車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の要素を取り入れ、上部にスリーダイヤを堂々と配したフロントグリルで力強さを表現。また、ボディサイドを絞り込み、ショルダーを張り出すことで、大地をしっかりと捉えて駆け抜ける力強さが表現された。

室内は広いラゲッジルームとスライド式リヤシートで高い利便性を実現している。さらにインストルメントパネルの中央にはスマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)を配置。ディスプレイ上からドライバーの好みに合わせたドライブモードを選択することができる「マルチセンス」システムの採用も新しい。また、レーダークルーズコントロールシステム[ACC]と車線維持支援機能を組み合わせた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」をはじめとした先進運転支援システムを搭載し、安全な運転をサポートする。

パワートレインは、欧州の多様なニーズに応えるべく複数を用意。1.6ℓガソリンエンジンに駆動用と発電用の2基のモーター、マルチモードの自動変速機と10.5kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルをはじめ、1.6ℓガソリンエンジンに駆動用と発電用の2基のモーター、マルチモードの自動変速機と1.3kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたハイブリッド(HEV)モデル、1.3ℓ直噴ガソリンターボエンジンと6速MTまたは7速DCTを組み合わせたマイルドハイブリッドモデル、そして1.0ℓガソリンターボエンジンと6速MTを組み合わせたガソリンエンジンモデルがラインナップされた。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部