ルノー・キャプチャーの三菱版か!欧州市場向けのコンパクトSUV「 ASX」発表。国内向けRVRはどうなる?

三菱自動車の欧州部門、ミツビシ・モーターズ・ヨーロッパ・ビー・ブイ(MME)は、欧州市場向けの新型コンパクトSUV「ASX」をオンライン発表会にて世界初公開した。

コンパクトSUV「ASX」はグローバルに幅広く展開する三菱自動車の主力車種として、欧州では既に2010年から販売が開始されていた。新型ASXは、ルノー・日産・三菱自動車の3社アライアンスによるCMF-Bプラットフォームが採用されたコンパクトSUVとしてスペインのルノー社バリャドリード工場で生産され、2023年3月より三菱自動車の販売ネットワークを通じて欧州の一部市場で販売が開始される。

新型「ASX」は、フロントからリアへと流れる流麗なボディシルエットが特長的で、後方に向かって切れ上がるキャラクターラインとフローティングルーフがフットワークの軽さを予感させるスタイリングを実現している。フロントでは、三菱自動車のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の要素が取り入れられ、フロントグリル上部のスリーダイヤシェイプによりアグレッシブな顔立ち。ボディ全体は、張り出した筋肉質なボディながらもサイド下端部をしっかり絞り込むことで、見た目に重い印象はまったくない仕上がりだ。

インテリアは広いラゲッジスペースとスライド式リアシートによって積載に関する使い勝手に優れている。さらにインストルメントパネル中央にはスマートフォン連携のディスプレイオーディオが配置。ここには、ドライバー好みのドライブモードを選択することができる「マルチセンス」システムが搭載されている。また、レーダークルーズコントロール(ACC)と車線維持機能を組み合わせた高速道路運転支援機能「マイパイロット」をはじめとする先進運転支援システムが豊富に搭載され、安全な運転をサポートする。

新型ASXのパワートレインは、欧州の多様なニーズに応えるべく複数のラインナップが豊富に用意されている。まず、(1)1.6リッターエンジンに駆動用・発電用の2つのモーター、マルチモード自動変速機、10.5kWhの駆動用バッテリーが組み合わせられたPHEVモデル。(2)PHEVモデルの駆動用バッテリーが1.3kWhに変更されたハイブリッド(HEV)モデル。(3)1.3リッターターボエンジン+6速MTミッションor7速ダブルクラッチATミッションを組み合わせたマイルドハイブリッドモデル。(4)1.0リッターターボエンジン+6速MTミッションを組み合わせたガソリンエンジンモデルがラインナップされている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部