エクストレイル同様VC(可変圧縮比)ターボを搭載してデザイン一新した2023年型「アルティマ」が登場!

日産自動車の北米部門からスポーツミドルセダン、2023年型「アルティマ」の価格が発表された。パワートレインは、新型エクストレイルでもお馴染みの2.0L可変圧縮比(VC)ターボと先進の2.5L 4気筒DOHCエンジンの2種類が用意され、一部グレードのインテリジェントホイールシステムによって優れた走行性能を発揮する。発売は今秋からの予定だ。

2023年モデルの日産アルティマはデザインが一新され、クリーンで近未来化されたデザインが特長のミドルセダンだ。モデルチェンジにより日産のブランドロゴマークが刷新され、新たにLEDヘッドライトを装備。新デザインのアルミ合金製ホイールに、2色の新ボディカラーなど多くの箇所でスタイリングが一新されている。

室内装備には、クラス最大の12.3インチHDタッチディスプレイが設定され、日産の「ドアtoドアナビゲーション」に加え、Apple CarPlay/Android Autoにも対応。スマートフォン無線充電パッドにWi-Fiホットスポットと、先進的なコネクテッドサービスが豊富に搭載されている。

パワートレインには、2.0L可変圧縮比(VC)ターボと先進の2.5L 4気筒DOHCエンジンの2種類が用意されている。VCターボは、V6ガソリンエンジンに匹敵する性能を持ちながら、4気筒並みの低燃費を実現したモデルで、アルティマSRの前輪駆動モデルのみに搭載されており、最高出力248ps、最大トルク370Nmを発揮する。

2.5リッター4気筒DOHCエンジンは、FFで最高出力188ps、最大トルク244Nmを発揮する。2.5L 4気筒エンジンを搭載した「SV」「SR」「SL」グレードには、インテリジェント・オールホイール・ドライブが設定されており、路面や走行状況に応じて自動的にトルクを車輪に再分配する高度トルク分割制御が採用されている。


安全装備には、全方位モニタリングの「Nissan Safety Shield 360」が全グレードに標準装備された。Safety Shield 360には、歩行者検知式自動緊急ブレーキ、リア自動ブレーキ、車線逸脱警報、レーダー式ブラインドスポット警報、リアクロストラフィック警報、ハイビームアシストなどが搭載され、走行中の運転をサポートする。

モデルレンジ車両本体価格
S FWD366万円
SV FWD377万円
SR FWD398万円
SL FWD463万円
SR VC-Turbo FWD506万円
2023年型アルティマ FWDモデル 車両本体価格
モデルレンジ車両本体価格
SV AWD399万円
SR AWD420万円
SL AWD485万円
2023年型アルティマ AWDモデル 車両本体価格

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部