トヨタ・ハリアーにPHEV仕様が登場! 合わせてガソリン車やハイブリッド車を一部改良

ハリアー Z(プラグインハイブリッド車)
トヨタはこのほど、「ハリアー」を一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車を新設定し、ガソリン車とハイブリッド車は10月4日、プラグインハイブリッド車(PHEV)は10月31日に発売すると発表した。

PHEVはZグレードに設定。2モーターを組み合わせる2.5ℓハイブリッドはシステム総合で306psを発揮。EV走行換算距離は93km

トヨタは「ハリアー」を一部改良するとともに、プラグインハイブリッドシステム搭載車を新設定し、ガソリン車とハイブリッド車は10月4日、プラグインハイブリッド車(PHEV)は10月31日に発売すると発表した。

ハリアー Z(プラグインハイブリッド車)

Zグレードに設定されるPHEVは、177ps/219Nmを発揮する2.5ℓ直列4気筒エンジンに、182ps/270Nmのフロントモーターと54ps/121Nmのリヤモーターを組み合わせ、システム総合で306psを発生。容量51Ah、総電圧355.1V、総電力量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載される。EV走行換算距離は93kmで、WLTCモードによるハイブリッド燃費は20.5km/ℓだ。

ハリアー Z(プラグインハイブリッド車)

PHEVには専用のグレーメタリックを踏む4色のボディカラー(※)を設定。随所にブラック塗装が施されるほか、エクステリアでは専用のフロントグリルを装着する。
※グレーメタリック/ダークブルーマイカ/センシュアルレッドマイカ/プラチナホワイトパールマイカ

インテリアには、インストルメントパネルからドアトリムへ金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントが採用された。

装備面では、最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターが標準装備されている。

12.3インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plus

なお、従来から設定されているガソリン車やハイブリッド車は、このたびの一部改良で、プリクラッシュセーフティに交差点右折時の対向直進車および右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」が全車に標準装備されたほか、コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用。

12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイ(Smart×1ダイヤル)
12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイ(Smart×2ダイヤル)

また、12.3インチの大画面ディスプレイの設定(グレード別設定)に加えて、車載ナビを搭載(Z/Zレザーパッケージに標準装備)したり、クルマがWi-Fiスポットになる、「車内Wi-Fi」を採用。12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイの採用(グレード別設定)も新しい。

●トヨタ「ハリアー」モデルラインナップ
【ガソリン車】
・S:312万8000円(FF)/332万8000円(4WD)
・G:352万9000円(FF)/372万9000円(4WD)
・Z:403万8000円(FF)/423万8000円(4WD)
・Z“レザーパッケージ”:433万8000円(FF)/453万8000円(4WD)
【ハイブリッド車】
・S:371万8000円(FF)/393万8000円(E-Four)
・G:411万9000円(FF)/433万9000円(E-Four)
・Z:462万8000円(FF)/484万8000円(E-Four)
・Z“レザーパッケージ”:492万8000円(FF)/514万8000円(E-Four)
【プラグインハイブリッド車】
・Z:620万円(E-Four)
※価格は消費税込み

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部