トヨタ「タンドラ」搭載のi-FORCE MAXパワートレインが、2022年「Wards 10 Best Engines & Propulsion Systems」賞を受賞!

トヨタ・タンドラ搭載のi-FORCE MAXパワートレインが、ウォーズ社による「Wards 10 Best Engines & Propulsion Systems」賞を受賞した。i-FORCE MAXは、ツインターボV6エンジンに独自のモータージェネレーターと10速ATを組み合わせた効率的な動力伝達を可能にしたハイブリッドパワートレインだ。

独自モーターが低回転でも高トルクを発揮!

搭載されているハイブリッドシステムには、3.4リッターツインターボV6と従来の10速ATの間に48馬力の電気モーターが挟み込まれており、モーターはドライバーの要求に応じてトルクを追加したり、微妙なアクセル操作の場合にはモーターのみで車両を駆動したりなどエンジンの補佐として機能することが可能。このユニークなレイアウトによって、ハイパワーでありながら走り出しにも優れたシステムが完成された。

新しいパワートレインの結果、437馬力と790Nmものトルクが2,400rpmという静かな低回転域で発揮され、モデルグレードとドライブトレインによっては、EPA推定20 MPGシティ/24 MPGハイウェイ/22 MPGコンバインド燃費を達成するトラックとなった。積載量は755kgで、最大5193kgまで牽引することができる。

トヨタは、2025年までに販売する各モデルに電動化モデルをラインナップすることを約束し、タンドラ i-FORCE MAXは、二酸化炭素削減とカーボンニュートラルにおける目標達成に向けた取り組みを示す代表的な一例である。i-FORCE MAXは、10月26日に開催されるオートテック・カンファレンスで表彰される「Wards 10 Best Engines & Propulsion Systems」の受賞製品にも含まれる予定となっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部