ジープ エコディーゼルの生産終了記念モデル「ラングラー・ルビコン”ファーアウト”」が登場!ルビコン4ドアベースのハイパフォーマンス専用グラフィックカー。

ジープは、エコディーゼル生産終了を記念した限定仕様車「ラングラー・ルビコン・ファーアウト」を北米で発表した。ラングラー・ルビコン 4ドアベースのボディには、専用のボンネットグラフィック、バッジ、専用ホイールが装着されており、エコディーゼルの高性能パワートレインが優れたトルク、燃費、航続距離を発揮する。受注は2022年11月まで受け付けており、第4半期にジープディーラーに入荷が開始される。

ジープブランドは、ラングラー・エコディーゼルの生産終了を記念して限定車「ラングラー・ルビコン・ファーアウト」を発売することを北米市場で発表した。限定仕様車には、”Diesel 3.0L”の専用フードグラフィックに専用”3.0 D”バッジ。ホイールにもユニークな専用アルミホイールが装着され、通常モデルと差別化。内層にはレッドアクセント付きブラックレザーシートを装着し高級感を演出している。その他、コールドウェザーグループ、サテンブラックグリル、全天候型フロアマットなどが装備された。

2020年のモデルイヤーに導入されたラングラー・ルビコン・エコディーゼルは、トルク599Nmを備え、ラングラーでは最もハイパフォーマンスなモデルだ。ラングラー・エコディーゼルのデビュー以来、ジープ・ブランドは、470馬力と637Nmのトルクを備えたラングラー・ルビコン 392と、375馬力、637Nmの瞬間トルク、49 MPGe(電費)、33kmの全電気走行距離を実現するラングラー・ルビコン 4xeを発表している。

ジープラングラーには引き続き、以下の4種のパワートレインがラインナップされる。

  • 2.0リッターターボエンジン
  • 3.6リッターV型6気筒エンジン
  • 6.4リッターV型8気筒エンジン
  • 4xeプラグインハイブリッド

2023年型ジープ・ラングラー ルビコン・ファーアウトは、2022年11月まで注文を受け付けており、2022年第4四半期に納車が開始される。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部