堅牢なピックアップトラック「日産フロンティア」2023年モデルが登場!ブラックベースボディに先進装備を搭載!

「フロンティア」は、日産がアメリカを中心に展開しているピックアップトラックだ。2023年モデルの新型フロンティアは、歴代の堅実なボディと優れたオフロード走破性能を引き継いでいる。それでいて、クラス最大の9インチスクリーンやスマートフォン連携などコネクテッドサービスも充実。先進装備を数多く備え、広いラインナップを展開し422万円から販売される。

2023年モデルの「フロンティア」は圧倒的なオフロード性能、積載力、牽引力に加え、室内に先進装備を数多く備えている。クラス最大の9インチインチタッチスクリーンはApple CarPlay/Android Autoにも対応。クラス専用のインテリジェント前方外乱衝突警告システム、Nissan Safety Shield 360など、安全装備も充実している。

2023年モデルの「フロンティアSV クルーキャブ・ロングホイールベース」には、ヒーター付きレザーステアリング、ヒーター付きフロントシート、調整式タイダウンクリート2個付きユーティリトラックシステム、アンダーレール式ベッド照明などを備えた「SV コンビエンス・パッケージ」が標準装備されている。


2023年モデルフロンティアは、ユーザーからの意見を活かした改良が行われ、2022年モデルとして新たにラインナップされている。17インチアルミホイール、ブラックサイドミラー、グリル、ロアバンパーがブラック塗装され、トラックの外観を引き締めている。また、LEDフォグランプ、ヘッドライト、デイタイムランニングライトが装備され、昼夜を問わない前方視認性を備えている。

2023年モデルのフロンティア・クルーキャブS、PRO-X/PRO-4Xには、5フィートベッドが装備され、クルーキャブSVには、5フィートベッドor6フィートベッドが用意されている。日産・フロンティア「キングキャブ」は422万円から、「クルーキャブ」は440万円からの販売となる。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部