クルマの未来を体感せよ! 電気自動車をはじめ先進の次世代カーに『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の会場近くで試乗できる『EV+Experience 2022 in Toyota City』開催!!

いよいよ開催も間近に迫ってきたWRC(世界ラリー選手権)第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」。その期間中に、電気自動車(BEV)をはじめとする次世代自動車に無料で試乗できるイベントも同時開催される! 他にも次世代レーシングカーが展示されるなど、見どころ満載の内容だ。

次世代のクルマは地球に優しく!

EV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、HEV(ハイブリッド車)といった次世代のモビリティを担う先進の自動車が一堂に会する注目のイベントが、12年振りに日本で開催されるWRC(世界ラリー選手権)『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』(愛知県・岐阜県)と同じ週末の2日間、2022年11月12日(土)〜13日(日)に開催される。

イベント会場は『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』のサービスパークに設定されている豊田スタジアムへのルートになる豊田市駅前(とよしば、人工芝、GAZA南広場)。
多数の自動車メーカー、インポーターなどの協力により、さまざまな次世代カーが展示され、試乗も可能になっている。さらに、自動車メーカーが技術を競う「次世代レーシングカー」も場内に展示される。

財布に優しい入場&試乗無料!

展示&試乗車両は電気自動車だけではなく、水素で走るクルマやハイブリッド、プラグインハイブリッドなど、環境に配慮したすべての次世代カー。文字どおり、誰よりも早く、未来のクルマを体感できるコンテンツが満載。
しかも入場無料で、次世代カーも無料で試乗できる!
いろいろな次世代カーが一挙に試乗できるまたとない機会なので、クルマの未来を感じたい人はもちろん、購入を考えている人にもうってつけなイベントだ。

展示車両や試乗車両、試乗会の参加方法などはフォーラムエイト・ラリージャパン2022オフィシャルサイト特設ページで公開予定となっている。
続報に乞うご期待!

フォーラムエイト・ラリージャパン2022オフィシャルサイト

今やWRCもハイブリッドマシン

2022年シーズンからWRCのトップカテゴリーである「Rally1」も環境に配慮したハイブリッドマシンになっており、ヤリスWRCは1.6L直噴ターボに組み合わせされる3.9kw/hのバッテリーとモーター・ジェネレーター・ユニット(MGU)は、加速時には最大で100kw(約134馬力)のパワーと、180Nmのトルクを発生させる。ブレーキ時にはエネルギーを回生し、サービスパークなどではバッテリーを外部電源に接続して充電することも可能。
エンジンも合成燃料とバイオ燃料を混合した再生可能な燃料を使用。これはFIA世界選手権モータースポーツでは初の試みになっている。
『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』ではヤリスWRCをはじめとした、世界のトップカテゴリーで戦うハイブリッドラリーマシンが、目の前でどのような走りを見せるのかも楽しみだ!

勝田貴元選手の駆るヤリスWRC。ラリージャパンでの走りにも注目したい。
■EV+ Experience 2022 in Toyota City 概要
日時: 2022年11月12日(土)10:00〜17:00/13日(日)10:00〜16:00
会場: 豊田市駅前広場(とよしば、人工芝、GAZA南広場)愛知県喜多町2-98-1
主催: EV+ Experience実行委員会(株式会社三栄)
後援: ラリージャパン事務局(株式会社サンズ)
協力: 豊田市
内容: EV、FCV、PHEV、HEVなど次世代モデルの展示・試乗、次世代レーシングカーの展示(予定)
入場料: 無料

■協力
TOYOTA/HONDA/NISSAN/MAZDA/SUBARU/MITSUBISHI/RENAULT(順不同)

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部