A110 R! アルピーヌA110、ラディカルな「R」登場!カーボンを多用して車両重量は1082kg

日本で発表されたアルピーヌA110 R
アルピーヌ・ジャポンは、モータースポーツで培ったノウハウを活かしてエアロダイナミクスを突き詰め、軽量なアルピーヌA110の車体をさらに軽量化し、専用シャシーにより走りの性能を劇的に向上させた、ラインアップ中で もっともラディカルなアルピーヌA110Rの受注を、全国のアルピーヌ正規販売店で、11月下旬に開始する予定だ。

アルピーヌA110RのRはRadicalのR

F1日本GP前の10/4、横浜市の山下埠頭で開催された発表会の様子。

軽量コンパクトなミッドシップスポーツのアルピーヌA110(エー・ワンテン)のグレード体系は。ベーシックな「A110」、快適性に振った「A110GT」、スポーツ性を強調した「A110S」が存在した。

今回新登場した「A110R」は、さらに過激=Radicalなモデルで、カーボンボンネット、カーボンエンジンカバー、フルカーボンホイール、専用カーボンシートなど、軽さと強度に優れたカーボンを使うことでさらなる軽量化を図り、A110Sに対しても、さらに軽量に仕上げている。

車両価格は、後日発表される。

発表会にはエステバン・オコン選手(アルピーヌ F1チーム ドライバー)も駆けつけた。

車両重量は1100kg。エアロダイナミクスは、空気抵抗を減らしつつ、より強力なダウンフォースを生み出すように強化され、A110シリーズでは初の試みとなるボンネットやリヤウィンドウ、ディフューザーなどのさまざまなパーツのデザインを見直している。

A110 R は、A110 S のエアロキットよりもさらにダウンフォースが強化され、トップスピードの向上、高速コーナーでより優れた安定性を実現したという。空気抵抗を5%削減し、トップスピードは A110 シリーズで最高の 285km/h に到達した。 

A110 R のボンネットは、そのほとんどがカーボン製となった。よりスポーティかつ個性的なフォルムを可能にしただけでなく、重量軽減とトップスピード走行を含む全体的なパフォーマンス向上にも貢献している。 A110 S と同様のカーボンリップスポイラーが備えられ、フロントにおけるダウンフォースは 14kg増加している。
ホイール  サプライヤーの Duqueine 社と共同開発されたカーボン製のホイール。そのデザインは、ホイールの重量を軽減すると同時に、空気力学的に優れたデザインでありながらブレーキの冷却もより効果的に行ない、総合的にクルマのパフォーマンス向上に貢献している。
車両後方部分でひときわ目を引くのは、すべてがカーボン製となったリヤウインドウ。エンジンルームを覆う形状となっていて、その中心部には 3つ目のストップライトを設けている。また、エンジンに空気を送り込むふたつのエアインテークバルブが配置され、アルピーヌブランドのアイコンである「スノーフレーク」が描かれている。 
リヤスポイラーは、いわゆる「スワンネック」マウントで固定される。A110 S のスポイラーと同じ形をしてはいるものの、  A110 R のスポイラーは、後方へ大きく突き出し、傾斜角がより小さく、より小さいアプローチアングルを持つ形状となっている。「スワンネック」は、そのスポイラーのパフォーマンスを向上させる働きがあると同時に、下面のエアリフトも減らす。

スペックと概要 (全て欧州仕様値) 

  • 1.8L 4 気筒 直噴ターボエンジン  
  • 最高出力:300ps
  • パワーウェイトレシオ : 3.6kg/ps  
  • 0-100km/h:3.9 秒 
  • 最大トルク:340Nm/ 2,400- 6,000rpm 
  • 最高速度 285km/h  
  • シャシー::専用設定アンチロールスプリングとバー、専用アクスルジオメトリー、車高調整機能・減衰力調整機能付ダンパー、コイルスプリング 10%高剛性化、アンチカントバー 
  • 最低地上高:アルピーヌ A110 S より 10mm 低下(さらに 10mm 低下設定可能) 
  • 車両重量 :1,082kg 
  • スポーツ排気システム  
  • Brembo高性能ブレーキシステム 
  • ブレーキディスク:320mm 複合素材(フロント・リヤ) 
  • ホイール:18 インチ 100% カーボンファイバー  
  • タイヤ:ミシュラン パイロットスポーツ カップ 2 セミスリックタイヤ (フロント:215/40 R18, リヤ: 245/40 R18) 
  • シート:シングルシェルカーボンファイバー Sabelt® トラックシート(運転席は上下左右調整可能、マイクロファイバー生地にグレーのステッチ入)  

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部