フリードが2022年度上半期のミニバン販売台数第1位を獲得! 4〜9月で2万9855台を記録

ホンダはこのほど、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」の2022年度上半期(4~9月)における販売台数が2万9855台(自販連調べ)となり、ミニバン(※)新車販売台数で第1位を獲得したと発表した。
※3列シートの国産車

2022年6月の一部改良で登場した特別仕様車「ブラックスタイル」も好調なセールスを後押し

ホンダはこのほど、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」の2022年度上半期(4~9月)における販売台数が2万9855台(自販連調べ)となり、ミニバン(※)新車販売台数で第1位を獲得したと発表した。
※3列シートの国産車

フリードは、親しみやすいデザインと、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディながらも、広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現したコンパクトミニバン。居住性と使い勝手の良さを兼ね備え、毎日の暮らしに「ちょうどいい」クルマとして幅広い層から好評を獲得。2021年7月には、フリードシリーズ(※)として累計販売台数100万台を突破した。
※フリード、フリード スパイク(2010年7月販売開始~2016年6月販売終了)、フリードプラス

2022年6月の一部改良では、運転席&助手席シートヒーター、コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェード(スライドドア両側)などを標準装備とし、商品の魅力がより一層向上。また、同時発売した特別仕様車「ブラックスタイル」も、上質で洗練されたスタイルが多くのユーザーから好評を得ている。

「フリード」シリーズの年度別販売台数推移と発売以来の歩み

※販売台数は自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)調べ

キーワードで検索する

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部