新型フェアレディZ「アドバン・スポーツV107」新車装着用タイヤとして採用

横浜ゴムはこのほど、日産自動車が今夏発売した新型「フェアレディZ」の新車装着用タイヤとして、「ADVAN Sport V107(アドバン・スポーツ・ブイイチマルナナ)」を納入したことを発表した。装着サイズは245/45R18 96W。

高速域での操縦安定性、高い応答性、そしてそれらとは本来背反する乗り心地性能の両立を達成

アドバン・スポーツV107

横浜ゴムは、日産自動車が今夏発売した新型「フェアレディZ」の新車装着用タイヤとして、「ADVAN Sport V107(アドバン・スポーツ・ブイイチマルナナ)」を納入したことを発表した。装着サイズは245/45R18 96W。

アドバン・スポーツV107は横浜ゴムが誇る最高峰ブランド「アドバン」のウルトラハイパフォーマンスタイヤ。安全性と快適性を高次元でバランスさせた運動性能、ドライ・ウエット性能と操縦安定性が評価されている。今回、横浜ゴムが新型フェアレディZに納入するタイヤは高速域での操縦安定性、高い応答性、そしてそれらとは本来背反する乗り心地性能の両立を達成。

※写真はイメージ

さらに静粛性を向上させるため「SILENTFOAM(サイレントフォーム)」を採用している。サイレントフォームは横浜ゴムのノイズ低減技術のひとつで、タイヤの内側に専用設計のポリウレタンフォームを貼り付けることによって空洞共鳴音(路面の凹凸により起きるタイヤ振動がタイヤ内の空間で共鳴を引き起こし、サスペンションを通じて車室内で聞こえるタイヤノイズ)を低減する。

フェアレディZは世界中のファンに愛され、これまでに世界で180万台以上の販売を誇るスポーツカー。新型フェアレディZは歴代の「Z」へのオマージュを感じさせるデザインをまといながら、405ps/ 475Nmを発生する新開発の3.0ℓV型6気筒ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載する、「他のやらぬことをやる」という日産自動車のDNAを象徴するモデルだ。

「アドバン」は高い性能と品質を評価され、世界をリードする高性能プレミアムカーへの新車装着だけでなく、競争の激しいモータースポーツ分野においても長年にわたって採用されている。国内最高峰のツーリングカーレース「2022 AUTOBACS SUPER GT」では、今回新車装着された新型フェアレディZをベースに開発された「Nissan Z GT500」にて、GT500クラスに参戦中のKONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN Z」に専用レーシングタイヤを供給している。

なお、横浜ゴムは、中期経営計画「Yokohama Transformation 2023」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「アドバン」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「ジオランダー」、そして「ウィンタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げ、「アドバン」および「ジオランダー」の新車装着拡大に取り組んでいる。2022年には「アドバン・スポーツV107」と高性能ストリートスポーツタイヤ「アドバン・ネオバAD09」を発売し、「アドバン」ブランドの市販用タイヤ販売も強化している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部