横浜ゴム「アジアクロスカントリーラリー2022」参戦選手に「ジオランダーM/T G003」を供給

参戦車両のトヨタ・フォーチュナー1号車(青木拓磨選手)
横浜ゴムはこのほど、11月21〜26日に開催されるアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2022(AXCR 2022)」に参戦する青木拓磨選手と塙郁夫選手に、SUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」を供給することを発表。両選手ともにTOYOTA GAZOO Racing IndonesiaおよびTCD Asia Pacific Indonesiaのサポートを受け、チーム「FORTUNER GEOLANDAR Takuma-GP」からそれぞれ「トヨタ・フォーチュナー」で参戦する。

「ジオランダーM/T G003」はあらゆるオフロード路面で高い走行性能を発揮するとともに、優れたロングライフ性能を追求。高いオフロード性能はレースでも数多く実証

横浜ゴムはこのほど、11月21〜26日に開催されるアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2022(AXCR 2022)」に参戦する青木拓磨選手と塙郁夫選手に、SUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」を供給することを発表。両選手ともにTOYOTA GAZOO Racing IndonesiaおよびTCD Asia Pacific Indonesiaのサポートを受け、チーム「FORTUNER GEOLANDAR Takuma-GP」からそれぞれ「トヨタ・フォーチュナー※」で参戦する。
※アジアを中心に販売されている人気のフレームタイプSUV

AXCRはFIA(国際自動車連盟)の公認を受けてダカールラリーと同格式で行われるラリーイベント。アジア各国の山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台に競われる。新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりの開催となる今年は11月21日にタイをスタートし、11月26日にカンボジアでゴールする約1700kmのコースが予定されている。

青木拓磨選手は二輪のテスト走行中の事故で下半身不随となりライダーを引退後、四輪ドライバーに転向し海外レースを中心に様々なレースに参戦している。AXCRには2007年から横浜ゴムとともに参戦しており、今回で13回目を数える。これまで「ジオランダー」装着車両で2011年に総合3位を獲得したほか、近年では2016年に総合9位、2017年に総合6位でトップ10入りを果たしている。

参戦車両のトヨタ・フォーチュナー2号車(塙郁夫選手)

一方、塙郁夫選手は日本を代表するオフロードレーサー。近年、横浜ゴムと参戦したレースでは2016年と2018年に米国で開催された「SMOKIN WHEEL’S OFFROAD GRANDPRIX」で総合優勝したほか、米国のオフロードレース「The Mint400」のクラス7で2020年に3位、今年3月に2位を獲得している。

ジオランダーM/T G003」はあらゆるオフロード路面で高い走行性能を発揮するとともに、優れたロングライフ性能を追求したタイヤ。オフロード感を強調した逞しくアグレッシブなデザインが特徴だ。高いオフロード性能はレースでも数多く実証されており、2021年は米国の「2021 King Shocks Area BFE Beatdown」 の4800クラスで1-2フィニッシュ、「2021 King Shocks Laughlin Desert Classic」の「Trick Truck」クラスで優勝している。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部