スポーツマインドを刺激する専用装備

スズキ・スイフトスポーツの使い勝手を徹底チェック!

コックピットまわりに施されたレッド加飾やMIDのブースト計、サポート性を高めた独自のシートを採用するなど、インテリアでも「スポーツ」であることを強調。スズキ車初となる車線逸脱抑制機能や全方位モニターも用意された。

REPORT●工藤貴宏(KUDO Takahiro) 
ASSISTANT●大須賀あみ(OSUGA Ami)(身長163㎝)
PHOTO●中野幸次(NAKANO Kouji)/平野 陽(HIRANO Akio)

※本稿は2017年9月発売の「新型スイフトスポーツのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様が現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

〈居住性&乗降性〉フロントは独自のバケット形状でホールド性に優れる

〈前席〉先代に比べ着座位置を20㎜下げ、運転姿勢をローポジション化。専用設計シートを採用するのは従来通りで、サイドサポートが補強されている。クッションスプリングや座面パッドも専用品となり、着座時の包み込まれる感じが心地良い。ハンドルは40㎜の上下と60㎜の前後調整が可能。

お尻の位置がずれにくいよう、座面は標準車よりも後ろ下がりの設計だ。運転席は上下60㎜のリフター付き。
前席サイドエアバッグも標準装備されており、シート側面に組み込まれている。

肩、脇、そして座面左右に張り出したサイドサポートは従来よりも大型化している。内部にフレームが追加されているので、しっかりと身体を支えてくれる。

背もたれ上部には赤字のロゴが入って気分を盛り上げる。ちなみにヘッドレストはバックレストと一体化した構造になった。

〈後席〉後席の広さとシート形状は標準車と同様だが、表皮がスイフトスポーツ専用となる。広さはコンパクトカーとしては標準的な水準で、大人ふたりが快適に座れるだけのスペースを備えており、着座姿勢も適正だ。シートは3名掛けにも配慮したフラットな形状である。

シート高:580-630mm ステップ高:365mm
シート高:595mm ステップ高:370mm

乗降性はクラスの平均水準を超えている。Aピラーが立っているし比較的後席まで天井がフラットだから頭上が広めなのがポイントだ。フロントシートは標準車と比べて座面左右の張り出しが大きくフレームも入っているが、乗降時はほとんど気にならない。

中央席のシートベルトはこのクラスでは珍しく巻き取り部を天井ではなく背もたれに内蔵。 装着しやすく、装着時にドライバーの後方視界を邪魔しないのも美点だ。
ISO-FIX対応チャイルドシートのバーは周囲にカバーをつけて、取り付けバー位置がわかりやすい。チャイルドシートの脱着も容易。

ドアノブを窓枠に埋め込みスポーティなスタイルを実現。馴染むまでは違和感があるが、使ってみるとすぐに慣れる。高さは地上約125㎝。子供の手が届きにくいが、手が届かないほど小さな子供を乗せる場合には親が責任をもってドア開閉をしよう。

著者プロフィール

工藤 貴宏 近影

工藤 貴宏

自動車ライターとして生計を立てて暮らしている、単なるクルマ好き。

大学在学中の自動車雑誌編集部ア…