ワゴン×SUVの新発想。キュートなスタイルと機能性を両立「スズキ・クロスビー」【最新SUV 車種別解説】

軽自動車「ハスラー」の5ナンバー版とも言える「クロスビー」。ハスラー譲りのポップでキュートなスタイリングにクロスオーバーSUVの機能を兼ね備え、5ナンバーの強みとカジュアルな使い勝手の良さで独自のポジションを確立している。全車マイルドハイブリッド仕様。スマートな操作性と柔軟に対応できるシートアレンジで、遊びの幅が広がるだろう。
REPORT:青山尚暉(本文)/塚田勝弘(写真解説) PHOTO:神村 聖 MODEL:林あやの

多機能搭載で走破性は高水準 内装装備充実で使い勝手も◎

2017年末にデビューしたクロスビーは、言わばでっかいハスラー。ワゴン×SUVをコンセプトに欧州でも定評あるイグニスをベースに仕立てられた5ナンバーサイズのクロスオーバーSUVである。

エクステリア

最低地上高は180mmで、雪上などの日常使いなら不足はないはず。ルーフレールの設定はなく、アクセサリーでベースキャリアやアタッチメントを用意。2トーン、3トーンカラーは全車にオプション。最小回転半径は4.7m。

全幅が1670mmとナローに抑えられているのも使いやすさ、走りやすさに貢献する。パワーユニットは1.0l3気筒ターボで全車ともにモーターを加えたマイルドハイブリッド車となる。FFとフルタイム4WDを揃え、最低地上高は180mmとなかなか本格的。

インストルメントパネル

アイボリーのインテリアカラーパネルがアクセントになっていて、「ブラックインテリアパッケージ」を選ぶと、黒とシルバーのコーディネートになる。左右を貫くパイプフレームがモチーフで、ギヤ感のあるデザインも目を惹く。

「ハイブリッドMV」以上のグレードには全車速追従機能付きACC、また全車にこのクラスとしては類稀なパドルシフトを備え、ゆったりとした走りからキビキビした走りに対応しているところも特徴だ。4WDに限ればスポーツモード、スノー、グリップコントロール、ヒルディセントコントロールまで備わり、走破性は想像以上にハイレベルだ。

居住性

撥水加工シートも用意するインテリアは遊び心あるデザインで、イグニスに対して前席で60mm、想定外に足元広々の後席で50mm高い着座位置となり、SUVらしい視界が特徴的。トグルスイッチ類のメカニカル感もなかなかだ。防汚タイプの荷室は35lのキャリーケース5個を飲み込む広さ。アウトドアの荷物も余裕で積み込めるはずである。

うれしい装備

助手席の座面を跳ね上げると、シートアンダーボックスが出現する。靴入れなどに使えるほか、脱着式なのでバケツやゴミ箱としても使える。
シート側に加えて荷室側からも後席の前後スライドが可能。後席着座時や背もたれを前倒ししなくても荷物に応じて奥行きの調整ができる。
泥濘路などの滑りやすい路面で走破性を高めるグリップ、下り坂を約7km/hで自動的に制御するヒルディセントコントロールを4WDに搭載。
月間登録台数   783台(21年10月~22年3月平均値)
現行型発表    17年12月(一部改良 20年10月)
WLTCモード燃費  18.2km/l※FF車

ラゲッジルーム

走行性能に大きな特徴はなく、操縦感覚も今となってはやや古さを感じさせるものの、エンジンはスムーズで、4WDの場合、硬めながらしっかり感あるタッチに終始。操縦性は軽快かつ安心感の高いものとなる。

※本稿は、モーターファン別冊ニューモデル速報統括シリーズVol.141「2022-2023 国産&輸入SUVのすべて」の再構成です。

http://motorfan-newmodel.com/integration/141

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部