トーヨータイヤがサポートする松山北斗選手が「フォーミュラドリフトジャパン2022」でシリーズチャンピオンを獲得!

トーヨータイヤはこのほど、ドリフト競技「フォーミュラドリフトジャパン2022(以下FDJ)」において、同社製のタイヤ「PROXES R1R(プロクセス・アールワンアール)」を供給し、サポートしている松山北斗選手(FAT FIVE RACING所属)が、年間シリーズチャンピオンを獲得したことを発表した。

「FDJ初参戦でこの結果を得られたのは、最高のチームと仲間、そしてスポンサーの皆様のおかげです」(松山選手)

トーヨータイヤはこのほど、ドリフト競技「フォーミュラドリフトジャパン2022(以下FDJ)」において、同社製のタイヤ「PROXES R1R(プロクセス・アールワンアール)」を供給し、サポートしている松山北斗選手(FAT FIVE RACING所属)が、年間シリーズチャンピオンを獲得したことを発表した。

「フォーミュラドリフト」は、日本発祥のモータースポーツであるドリフト競技の代表的な大会「D1グランプリ」などの影響を受け、アメリカで生まれたドリフト競技。FDJは、2015年より「フォーミュラドリフト」のインターナショナルシリーズとして日本へ逆輸入するかたちで開催されるようになった。

ドリフト競技
クルマの後輪もしくは4輪を滑らせながら車両を走行させ、そのテクニック、ドライビングの見映え、観衆に与えたパフォーマンスなどを評価して勝敗を決めるモーター競技。選手(ドライバー)は、通常の運転・走行の限界を超えた領域で、曲がっていく方向とは逆にステアリングを切り、非常に高度なバランスをとってマシンをコントロールする。他のモータースポーツレースやラリー競技と比べると、マシンの性能よりドライバーのテクニックが勝敗を大きく左右するといわれている。

トヨタでテストドライバーを務めている松山選手は、同社サポート選手として今年初めてFDJへシリーズで参戦。全6戦中5戦目終了まで順調にスコアを獲得してきた松山選手は、年間ランキング1位の状況で、富士スピードウェイで行なわれた2022年の最終戦となる第6戦(11月18日・19日開催)に挑んだ。単走予選を1位で通過すると、追走決勝では準優勝をおさめ、FDJの年間シリーズチャンピオンを獲得した。

松山北斗選手
トヨタ自動車に勤務するテストドライバーでFAT FIVE RACINGに所属。2019年にFDJにスポット初参戦、第3戦・富士スピードウェイで6位の成績を残している。2020年にFAT FIVE RACINGへ移籍し、「TOYOTA A90スープラ」でD1グランプリに参戦。第6戦・エビス西サーキットで3位入賞と単走優勝を果たした。2021年も同体制でD1グランプリへ参戦し、「TOYOTA A90スープラ」ドライバー勢最上位のシリーズ総合8位の成績を記録。2022年は、FDJに「TOYOTA GR86」、D1グランプリに「TOYOTA GR Supra」で参戦し、どちらも好成績を収めてシリーズを締めくくった。
プロクセスR1R
ドライ路面、ウエット路面を問わず抜群の安定性を誇るウルトラハイパフォーマンスタイヤ。高度なドライグリップ性能がサーキットや高速コーナーで威力を発揮し、確かなウエットグリップ性能で安定感のある走りを実現する。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部