レクサスの新型「RX」にブリヂストンの「アレンザ001」「アレンザ スポーツA/S」が新車装着用タイヤとして採用

ブリヂストンはこのほど、11月18日に発売された新型「レクサスRX」の新車装着用タイヤとして、「ALENZA 001(アレンザ ゼロゼロワン)」と「ALENZA SPORT A/S(アレンザ スポーツ エーエス)」を納入したことを発表した。なお「アレンザ001」は日本・欧州・アジア等の地域向け、「アレンザ スポーツA/S」は北米向けの車両に装着される。装着サイズは「アレンザ001」が235/50R21 101W、「アレンザ スポーツA/S」は235/60R19 103Vと235/50R21 101V。

静粛性や乗り心地などの快適性能と運動性能を高次元で両立するなど、それぞれのタイヤが装着される地域でのユーザーの使用条件に合わせた価値の最大化を実現

「アレンザ001」は日本・欧州・アジア等の地域向け車両に装着

ブリヂストンはこのほど、11月18日に発売された新型「レクサスRX」の新車装着用タイヤとして、「ALENZA 001(アレンザ ゼロゼロワン)」と「ALENZA SPORT A/S(アレンザ スポーツ エーエス)」を納入したことを発表した。なお「アレンザ001」は日本・欧州・アジア等の地域向け、「アレンザ スポーツA/S」は北米向けの車両に装着される。装着サイズは「アレンザ001」が235/50R21 101W、「アレンザ スポーツA/S」は235/60R19 103Vと235/50R21 101V。

ブリヂストンは、「EV時代の新たなプレミアム」と位置付ける革新的なタイヤ基盤技術「ENLITEN(エンライトン)」を採用したタイヤの提供を通じて、企業コミットメント「Bridgestone E8 Commitment」に掲げる「Energy カーボンニュートラルなモビリティ社会の実現を支えること」にコミットしていく。

5代目となる新型「RX」は、次世代レクサスの目指す走りやデザインを追求し、全面刷新を遂げたモデル。走る楽しさを追求したパフォーマンスモデルの導入や、多様化する顧客ニーズに寄り添った多彩なパワートレインラインナップなど、レクサスの挑戦を象徴するグローバルコアモデルとして新たに進化している。

「アレンザ スポーツA/S」は北米向け車両に装着

これまでブリヂストンは、長年にわたる共創において、レクサスが様々な車両を通じて提供する価値の実現に貢献してきた。今回新型「RX」に装着される「アレンザ 001」と「アレンザ スポーツA/S」は、タイヤの環境性能と運動性能を両立する革新的なタイヤ基盤技術「エンライトン」を採用したブリヂストンの「断トツ商品」のひとつ。タイヤ骨格部に転がり抵抗を低減する材料を採用することにより、低燃費性能を向上し、さらに接地形状とパタンデザインを車両に合わせてカスタマイズすることで、静粛性や乗り心地などの快適性能と運動性能を高次元で両立するなど、それぞれのタイヤが装着される地域でのユーザーの使用条件に合わせた価値の最大化を実現。これにより、新型「RX」の魅力を最大限に引き出すことに貢献し、「対話できるクルマ、走って楽しいクルマ」への挑戦や、持続可能なモビリティ社会の実現を支えている。

ブリヂストン公式タイヤサイト

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部