絶妙17インチサイズが150系ランドクルーザープラドの足元にジャスト!

【150系プラドにベストな17インチ】アームへの干渉を回避する! プラド狙いの7.5J+15を設定するブルート・BR-44|トヨタ・ランドクルーザープラド カスタム

骨太な6本スポークで力強くオフ系に絶妙にマッチするデザインが特長のブルート・BR-44。150系ランドクルーザープラドに装着可能とする17インチサイズは、ネックだったアッパーアームの干渉を心配することなく装着可能な7.5J+15を用意し、285/70-17のタイヤも装着できる仕様となっている。狙えるサイズラインアップが増えたことで、150プラドのホイール選びを楽しませてくれる。

150プラドのために待望の17インチが追加

BRUT/BR-44 ブルート/ビーアールヨンヨン

プラド 150 ホイール オフ系 ブルート brut 17インチ

古き良きデザインを再び、をテーマに、ほんの少しだけの懐かしさを込めたオールドファッションなホイールを追求したブルートのBR‐44。

ひと世代、ふた世代前のスチールホイールデザインでトレンドだったカタチを再現しているのがその特徴で、シンプルにガッシリとしたその意匠は、プラドとの相性も間違いなしだから注目だ。

そんなBR‐44に待望の17インチが追加設定。これまで90系向けの16インチのみのラインアップだったが、150プラドもBR‐44を履けるようになった。

設定サイズも注目。一般的なプラド用17インチの場合、サイズは8.0Jのインセット+25、もしくは8.5J+20のホイールに、285/70のタイヤを合わせるのがセオリー。なのだがこの組み合わせだと、フロントアッパーアームへの干渉が生じるため、スペーサーが必須となってしまい、ハミ出してしまうことがハードルだ。

そのためブルートは7.5J+15というややナローなサイズをプラド用のために設定。17インチで285/70でも、アッパーアームへの干渉を心配することなく、安心して履けるように配慮してくれているのだ。

BR‐44自体はシンプルで、オフ系なスタイルにも、アーバン系な味付けにもすんなりとハマってくれるところが魅力。さらりと力強く、ほんのちょっとクラシカル。150プラドをオシャレに仕上げるには、ちょうどいい存在感である。

17インチの8.0+25もしくは8.5+20を285/70タイヤでプラドに履かせると、フロントアッパーアームに干渉してしまう。それを防げる7.5Jなのが魅力。

1 / 3

「【150系プラドにベストな17インチ】アームへの干渉を回避する! プラド狙いの7.5J+15を設定するブルート・BR-44|トヨタ・ランドクルーザープラド カスタム」の1枚めの画像
骨太の6本スポークはシンプルに太く、ほんの少し前のスチールホイールを彷彿とさせるデザイン。エッジが立ちすぎずマイルドな断面なのも特徴で、シンプルだが個性全開。

2 / 3

「【150系プラドにベストな17インチ】アームへの干渉を回避する! プラド狙いの7.5J+15を設定するブルート・BR-44|トヨタ・ランドクルーザープラド カスタム」の2枚めの画像
スポーク先端のディスクエンド部には、さり気なくもシャープな切り欠きを配置。段付き風のリム形状も印象的だ。

3 / 3

「【150系プラドにベストな17インチ】アームへの干渉を回避する! プラド狙いの7.5J+15を設定するブルート・BR-44|トヨタ・ランドクルーザープラド カスタム」の3枚めの画像
センターパートの面積が大きく、センターキャップが力強く突出したフィニッシュとなるのもオフ的。迫力あり。
カラーは2色。ワイルドで攻めた感のあるミリタリーブラックはオフ度が高し。言い得て妙なコンクリートはクラシカル感がより引き立つ。


【DEMO CAR SPECIFICATION】
FLEX DREAM
SIZE/ 17×7.5+15
TIRE/ BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(285/70-17)
COLOR/ コンクリート(運転席側)、ミリタリーブラック(助手席側)
SPECIAL THANKS/ フレックスドリームさいたま北店 https://www.flexdream.jp

【WHEEL SPECIFICATION】

SIZEH/PCDPRICE
16×6.55/114.3、6/139.72万7000円〜2万8000円
17×7.55/114.3、5/129、6/139.73万3000円

●カラー:コンクリート、ミリタリーブラック

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon