4インチも車高がアップ! でもフェンダーアーチとタイヤホイールの関係も良好!

【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系

外装カスタムに関してオーナーは「エスティマのワンモーションフォルムを崩さないようにしながら、USカスタム的な味付けを心がけてます」。今後は「外装はまとまったので、もう少し車高を上げたいですね」と語ってくれた。

アゲ系カスタムのブームはここまで来た!

ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4
エスティマ(平成20年式 ACR50)

力強さとカッコ良さが同居する
エスティマUS的4インチUP

シャンパンゴールド的な純正色シルキーマイカメタリックとブラックとのツートンカラーでスッキリとまとめたエスティマ。

足元を見ればホワイトレターのオフタイヤを装着。実は車高を4インチアップしたアゲエスティマなのだ。

オーナーさんによれば「もともとはノーマル車高でアメリカのストック仕様的なカスタムをしていました。そのスタイルでエスティマのオフ会に参加すると、ほとんどのエスティマがローダウンしてたので、これはアゲしかないな……と。エスティマを選んだのは、家族で乗るのに単純に装備が良かったから。それにエスティマをアゲスタイルにしているのを見たことなかったのもありますね」。

リフトアップは20アルファード&ヴェルファイア純正(3.5L 4WD)スプリングと汎用のラバースペーサーで約3インチアップ、タイヤ外径で+1インチアップの計4インチのアップ。

乗り心地は「変な突き上げ感とか揺れもないし、視線が高くなった分、運転もしやすい」とのこと。

外装カスタムに関しては「エスティマのワンモーションフォルムを崩さないようにしながら、USカスタム的な味付けを心がけてます」。今後は「外装はまとまったので、もう少し車高を上げたいですね」と語ってくれた。

1 / 3

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の1枚めの画像
US&オフなフロントマスクを作り出しているのが、フォードフォーカス用を加工装着したLeBra製ノーズブラと、130系ハイラックス用純正オプションを流用したブルガード。ヘッド横のオレンジマーカーはフィルムによる自作加工。

2 / 3

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の2枚めの画像
US&オフなフロントマスクを作り出しているのが、フォードフォーカス用を加工装着したLeBra製ノーズブラと、130系ハイラックス用純正オプションを流用したブルガード。ヘッド横のオレンジマーカーはフィルムによる自作加工。

3 / 3

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の3枚めの画像
US&オフなフロントマスクを作り出しているのが、フォードフォーカス用を加工装着したLeBra製ノーズブラと、130系ハイラックス用純正オプションを流用したブルガード。ヘッド横のオレンジマーカーはフィルムによる自作加工。

1 / 6

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の1枚めの画像
テールレンズはUSぽく見せるため、レッドレンズ仕様に自分でペイント。色数が減った分、まとまり感もアップ。

2 / 6

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の2枚めの画像
ドアミラーのほか、ブルバー、フロントグリル、ドアハンドル、リアガニーッシュはすべてマットブラックのチッピング塗装。

3 / 6

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の3枚めの画像
USカスタム感を出すためのアイデアは至る所に。ステッカーなどの小物にもしっかりと気を配ってチョイスしている。

4 / 6

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の4枚めの画像
ワンモーションフォルム重視でルーフキャリアは付けずにリアにヒッチキャリアを装着。家族でキャンプに行く時にはキャンプ道具を満載する。

5 / 6

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の5枚めの画像
ワンモーションフォルム重視でルーフキャリアは付けずにリアにヒッチキャリアを装着。家族でキャンプに行く時にはキャンプ道具を満載する。

6 / 6

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の6枚めの画像
普段はファミリーカーでもあり、休日は家族でアウトドアやキャンプに出かけるためのクルマでもあるので、後席用のモニターやチャイルドシートも必須。

1 / 3

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の1枚めの画像
フロント

2 / 3

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の2枚めの画像
サイド

3 / 3

「【何故? 密かに人気】ミニバンUP STYLEの魅力 VOL4|約10センチアゲのトヨタ・エスティマ50系」の3枚めの画像
リア

車両単体で見ると、外径の関係でフェンダーとタイヤの隙間も大きくないし、4インチも車高がアップしているようには見えない。

【SPECIFICATION】
ホイール
TSW・デイトナ(16×7.0+35)
タイヤ
ブリヂストン・デューラーA/T(235/70)
エクステリア
ブルバー=130系ハイラック純正OP、フロントグリルエンブレム=輸出仕様、ヒッチメンバー=サントレックス、ヒッチキャリア=CURT、テールレンズ=DIY塗装、各部チッピング塗装、USアンテナ、フェアリード、LEDライト&バー
サスペンション
20系アルファード 3.5L(4WD)用純正スプリング

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon