白くなりがちな純正の黒樹脂に1年以上の耐久性がある硬化する皮膜

【黒バンパー復活の新メニュー】経年劣化で白ずんでいく樹脂バンパー、コレってどうすればいい?

KeePer技研は、無塗装樹脂フェンダー、樹脂バンパーを1年間確実に守る「樹脂フェンダーキーパー」を専門店「KeePer LABO」で販売、全国のガソリンスタンド併設型の「KeePer PRO SHOP」へも順次、販売先を拡充していく。

無塗装樹脂バンパー&フェンダーを、1年間確実に守る”樹脂フェンダーキーパー”

KeePer LABO
キーパーラボ/樹脂フェンダーキーパー
洗車 キーパー 黒バンパー 樹脂 復活 コーティング 艶

昨今、人気のSUV系車両には無塗装の黒い樹脂でできたバンパーの一部やフェンダーが装着されている。新車当初は黒く艶やかなのだが、経年変化により白くなってしまうことが多く、ユーザーの悩みの種だった。

KeePer技研の「樹脂フェンダーキーパー」は、従来の無塗装樹脂コーティングのような一時しのぎの黒色復活ではなく、硬化するガラス皮膜を形成して確実に1年以上の耐久性を実現。

配合された極微の二酸化チタンで紫外線をシャットアウトして、再白濁を防いでしっとりとした樹脂そのものの発色とツヤを保証する。

硬化する皮膜で1年以上の耐久性を持つ「樹脂フェンダーキーパー」。樹脂そのものの発色とツヤを保証する。

屋内施工設備完備の専門店「KeePer LABO」で先行販売。今後ガソリンスタンド併設型の「KeePer PRO SHOP」へも順次拡充していく。


「【黒バンパー復活の新メニュー】白くなりがちな純正の黒樹脂に1年以上の耐久性がある硬化する皮膜」の1枚めの画像

「KeePer」といえば、ボディガラスコーティングの「クリスタルキーパー」「ダイヤモンドキーパー」「Wダイヤモンドキーパー」でお馴染み。ガラス皮膜、レジン皮膜のWの透明皮膜でボディを守る。

【SPECIFICATION】
●サービス名:keePer 樹脂フェンダーキーパー
●料金:5800円(税込)〜 ※クルマのサイズや劣化具合により価格を設定
●施工箇所:樹脂フェンダー

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_清水 勤]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon