中古車のメリットとデメリットをきちんと知っておこう|ライトキャンパースタイル2021

中古のキャンピングカーってどうなの? 予算を抑えて早く乗りたい人は必見! レア車探しも楽しめますゾ!!

三重県津市に店舗を構えるダイレクトカーズは、キャンピングカー製作のエキスパート。ハイエースの専門店として名を馳せるが、最近ではNV200バネットやNバンをベースとしたオリジナルモデルも発表するなど、幅広い車種でのキャンピング仕様を提案している人気ショップだが、中古車ベースのキャンピングカーの販売も対応。そんなキャンピングカー製作のエキスパートに、中古で選ぶ場合のポイントを伺ってみた。

現車販売で新車に比べて納車は断然早い! 専門だから不安もなし!!

ダイレクトカーズが製作するのは、あくまで新車ベースでの架装が主。

好みのベース車で、好みの仕様と装備に考慮しながら、イチから作り上げていくアプローチが本流だ。

しかしそれにはそれなりの製作時間が必要となり、アウトドアブーム最盛の今は特に、乗り出しまでのタイムラグが生まれてしまう。ベース車があるかないかでまず時間が掛かるし、そこから装備を搭載していって…となると、どうしても納車を待つ時間が長くなってしまうのだ。

そのためダイレクトカーズでは、あくまで新車ベースが基本だが、優良な中古キャンピングカーもある程度は在庫しているという。

その一番のメリットは、納期までの早さだ。ダイレクトカーズの場合、展示車として在庫している中古車は、タイミングにもよるが、10台程度。前オーナーがガッツリ乗ったあとに下取りしたものもあれば、自社のデモカーやイベント仕様として製作、展示のみに使用していたいわゆる新古車的なものもあり、それらはいずれもキャンピング装備が含まれている。

もしもその中古車の仕様や装備が気に入れば、すでに実車が完成しているのだから、手続きを踏んで即納車することも可能。つまり中古車であれば、製作や納車までの待ち時間の大幅な短縮が可能となるのだ。すぐ乗りたい、いまキャンプに出掛けたい、そんな人にはこの納車までの早さは、何よりのメリット。

好みとニーズが合致するのであれば、即納できる中古車はアリなのである。中古車のメリットは他にもある。

例えばダイレクトカーズのように展示車として製作した車両を販売してくれている場合なら走行距離も少ないし、家具などもほぼ未使用な状態。

年式が浅いことも多く、それが新車ベースよりもかなり値引きした価格となるため、かなりのお宝である。キャンピングカーは値が崩れにくいのだが、新車と比べればやはり中古のほうが価格は低い。これもメリットとなるが、ローンを組むなら中古の方は金利が高くなってしまうのが一般的で、ここは注意が必要だ。

また中古車には、いまはもう生産されていないモデルだったり、レアな装備が搭載されているケースもある。こだわりのモデルなどがあるなら、中古車という選択肢は正解だ。情報はネットや雑誌で仕入れるのが基本。購入は専門店で、が推奨だ。

三重県の「ダイレクトカーズ」に聞きました!

ハイエースをベースとしたキャンピングカー製作を軸に、数多くのオリジナルモデルを手掛ける専門店。レンタルキャンピングカーも用意(1日10780円〜)されている。詳しくは要問い合わせを。

●住所:三重県津市河芸町上野876-1
●電話:059-253-8888
●営業時間:10:00〜18:00
●定休日:水曜日/第1・第3水曜日
●URL:https://www.cars-drt.com

 

ダイレクトカーズでは前オーナーから下取りした個体だけでなく、自社で展示車両として製作した新古車的な個体も中古車として販売する。在庫は現在10台ほど。

中古キャンピングカーはこんな人にお薦め!

今シーズンに間に合うかな? とにかく早く乗りたい!

 

新車をベースに製作するとなると、まずベース車を手配するのに時間が掛かり、さらにそこから架装する工程の時間も必要。必然的に、オーダーしてから納車までの待ち時間は長くなってしまう。中古車であれば、すでに現車があり、架装も済んだ状態だから、その工程を大幅に短縮することが可能。欲しい型式で欲しい装備が搭載された中古車に出会えれば、すぐに登録して乗り出せるのだ。とにかく早く乗りたい、にこだわるのであれば、中古車はアリ。

少しでも安く…予算を抑えたい!

 

キャンピングカーの場合は値段が落ちにくいため、新車と中古とで驚くほどの価格差は生まれない。とは言っても同じ型式で同じ装備であれば、当然ながら中古の方が値は落ちる。少しでも予算を節約したい、というのであれば、ネットや中古車雑誌などで情報を集め、お買い得な中古車を探すという選択肢は有効だ。ただしローンを組む場合、新車は金利を安く設定できるが、中古は金利が高くなる傾向が。予算にこだわるのならば、ローン金利は要注意。

レアな装備が見つかるかも!?
生産・販売終了モデルが欲しい!

 

新車をベースとしたキャンピングカー製作の場合、生産・販売が終了してしまった車両をベースにすることは不可能。けれども中古車であれば、あくまでも運には左右されるが、生産が終了してしまったモデルをベースとしたキャンピング仕様に出会える可能性はゼロではないのだ。それは搭載する装備、家具に関しても同じこと。昔懐かしい装備品や、レア度の高いアイテムなど、お宝付きの車両に巡り会えるかもしれない。中古ならではの楽しみだ。

買うなら専門店がお薦め!

 

中古車のデメリットは、前オーナーが使用していることもあり、ところどころに使用感が出ていること。だからこそ購入は、専門店がオススメなのだ。と言うのも専門店はリピーターが多く、その車両の前オーナーの使い方や人柄を熟知しているから、それを踏まえて自信を持って出せる車両しか中古として販売していない。

 

メンテやチェックも、専門店だから万全。下取りに出す際も価値を知っているから、一般店よりも査定が高め。信頼度が違うのだ。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon